FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

モナコのカルフールデビュー


私たちの暮らすコードダジュール、マントンは一昨日夜に全ヨーロッパで祝われた夏の日のフェスティバルを境に、ここ数日で急に湿気が出てきているようだ。この前までいたカリフォルニア内陸部乾燥砂漠地帯のレッドランズから来ると、より一層湿気を感じる。

今日は家の近くのお店、マルシェをぷらっと見た後、モナコのカルフールへ電車に乗って行ってきた。

{71BA522A-7DAD-4665-B383-12B896D6AF34:01}

うーん、車内の椅子ははっきり言ってきちゃない…。車体も車内もかなり落書きされてるし。でも。パリ市内のメトロよりもゆったりしていて人も少なく、走行も揺れずに快適。

{B1C24B04-095A-46BE-A720-94044E419142:01}


そして何と言っても景色は美しいの一言。一昨日ニース空港からのバスから見ても、街並みも植物も本当に現実味がないほどの美しさで、ここに住む事の出来る幸運を神様に感謝した。


そして私達の住むマントンから向かう車窓から見える海と、カリフォルニアの海とはまた全く違う海だ。また海の見える街に住むことが出来て嬉しい。


{7AE2ED7A-BCBC-4E00-A950-FB62ABCA368E:01}

出国前からのアレルギー発疹か中毒疹?はまだおさまっておらず、時差ぼけと疲れで少し自律神経にもきているらしい。マントンからモナコへ移動途中に歩きながら月島さんと些細な事から喧嘩になった途端に急に汗が出始めて、何度かお腹が痛くなる。フランスはトイレ事情が日米とは全く違うので、ヒヤヒヤしながらも、なんとかカルフール到着。


{DD40C28A-28CA-49AD-83A2-FE8563B8104A:01}


こちらがモナコ駅からカルフールへ向かう途中の通路。壁は大理石風?で、他のフランス側の駅とは全くデザインが異なる。モナコは崖が多いので、岩を削り作った建物が多いそう。エレベーターも階段もとても多い場所だ。


{4D7B0AD1-BF09-40D6-82C3-C98E0FEDE0A2:01}

意外なことにモナコのカルフールの方が、自宅近くのカルフールよりも断然大きく、安い!ホワイトアスパラが安くて感激♪

{9EF99529-5C9C-4851-B7F3-C6FEB38A0473:01}

そしてこのお肉、鶏肉にしては微妙に肉付きと色が違うような…と見ていると、フランスではポピュラーなうささんのお肉であったー。

{F93D2A28-6C77-419C-BCAE-F0417E493B3A:01}

そしてなんといっても、チーズが激安‼︎日本の成城石井やスーパーで見ていたあのチーズもこのチーズもとにかく安っ!

アメリカでもチーズはそこそこのお値段だったので、チーズ大好きな私にはまさにヘブン。そしてこの膨大な種類!まさに圧巻。

{5E6D5776-690F-4C62-9BC5-1D8C4F51C351:01}

カルフールから駅に戻る途中のモナコの海。南仏生活開始2日目の今日は快晴で海がよく見える。

{15AF2A48-E58F-4026-AFE2-D4018CD7AF43:01}

そしてこれが駅前。奥の方に見える岩壁の上の方は、海からの空気で霧が発生している。

{CEC97091-795E-4970-9940-AAD9C58DB48E:01}

{9D74F21C-2FDD-42A0-A343-D2FE342C7A18:01}

ホームに入るまでと入ってから電車が停車する位置までの距離が長く、自転車やスクーターに乗って移動する人たちが多いのも納得。月島さんも買おうかなと話している。

さて、明日から月島さんはいよいよ仕事に戻ります。


そして明後日は日通が朝から届く日。


体調がどうも完全でないのと、睡眠不足なので一人ならとことん数日ゆっくりするところだが、結婚して2人になると、なかなかそうもいかないのが何とも難しいところー。


これが子どもが出来たりしたら、更に母親の休む暇などなくなるものだろう。




関連記事

0 Comments

Leave a comment