FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

イタリアはヴァンテミリアまでランチへ

先日マントンで知り合った方がミラノに行くとのことで、列車出発までの空き時間にイタリアのヴァンテミリアまでランチに誘っていただき行って来ました。

マントンからヴァンテミリアまではなんと電車で2駅という近さ。ほんとうにあっという間の距離です。

徒歩であればイタリア国境には一応サインと見張りがあるようですが、パスポート等も特に不要でフリーパスとのこと。

ただ、最近ではイタリアからマントンを経由してパリに入ろうとするバングラデシュやアフリカからの移民が多く、一部の国籍の人達や怪しげなトラック等は当局から呼び止められてチェックが入るようです。

私が育ったカリフォルニアでは、メキシコ国境からの違法侵入が絶えず、更にテロ発生後はあらゆる移民に対する国境でのチェックはかなり厳しかったので、フランスも少し似たような感じですね。

カリフォルニアではフリーウェイ脇には、違法移民の母親が子どもの手を引き道を駆けて横断するのに注意という違法移民の母子のサインがよくあって。それほどメキシコからの違法移民が多いんです。


お馴染みマントン駅から出発。


IMG_20150715_140725539.jpg


たわわになっていて勿体無いオレンジ。


IMG_20150715_140726141.jpg


先日こちらの記事でも紹介しましたが、フランスの電車は窓が汚すぎてよく見えませんが、イタリアまではずっとこんな海辺を走っていきます。



IMG_20150715_141033824.jpg


カリフォルニアとは違って鮫とかもいない遠浅らしくて、みんな気持ちよく泳いでます。

そしてこちらがヴァンテミリアの駅前のメインストリートです。



IMG_20150715_141155798.jpg


携帯も一応国が変わるのでローミングになっちゃったので、OFFに。プランによってはEU加盟国内は料金内に入ってますが、うちのは不明。

やっぱり建物とかが南仏とはまた違った雰囲気でしたね。ただ、私が大昔行ったローマやフィレンツェの辺りとも違うかな。やっぱり南の海辺の地域という雰囲気が漂います。

そして、パニーニが美味しいというこちらのお店へ。


IMG_20150715_141404306.jpg



注文を待っている時に、アフリカ系の人やバングラディシュ系の人たちがひっきりなしにテーブルに物を売りに来ます。マントンにも商店街だとかアフリカ系移民の人たちが路上で物を売っていますが、テーブルまでひっきりなしに来るということは殆どありません。


で、面白かった出来事が、
今回一緒にランチをした彼女は元々バングラディシュにいたこともあり、彼らの言葉が分かるのです。

それで、一人また物を売りに私達のテーブルに来たな~と思っていたら、そこで彼女がふとそちらを見上げてはっと彼の顔に気づいた途端、2人ともOh---!!とか、急に親気に話し始めて。えぇッ?!知り合い???

ひととおり話し終わった後に話を聞くと、物売りの人たちにも各テリトリーがあり、ここら辺をテリトリーにしている彼とは以前も何度か会ってバングラディシュにいて言葉も分かることから知り合いになったとか(笑)。

いや~物売りの人ってついついこちらはつっけんどんに対応しがちになっちゃいますが、母国の言葉で会話をして一気に打ち解けて嬉しそうな彼の笑顔キラキラだとかを見て、なんとなく自分の対応を心改めた出来事でした。


IMG_20150715_141404837.jpg


IMG_20150715_141405471.jpg



IMG_20150715_141405179.jpg



私はトリュフソースのパニーニにしてみました。


とにかく皮がパリッパリで、中の生地は軽くてフランスで食べるパニーニとも違って美味しかったです。

店員のお兄ちゃんも笑顔が良くてとても親切で、素敵なランチでした。

で、ヴァンテミリアに行く第一目的は、なんと言ってもマーケットでの買い物!フランスからほんの数駅ですがイタリアに入れば価格は相当安くなるのです。

今回もランチ後に彼女がミラノに出発後に私は少し残ってマーケット見てから帰る予定が、おしゃべりに夢中になり何時しかマーケットは全部閉店(笑)。また次回ってことになりました。

金曜は花や洋服もイタリア製の良質のカシミアだとかも安く出るそうで、今度月島さんを連れて車で買い出しに行こうと思います。



IMG_20150715_142146360.jpg


帰りはミラノに向かう彼女と別れ、1人でマントンまで無事到着!


IMG_20150715_142147008.jpg


自宅までの帰途についたのでした。

移民局での登録が完了すれば、電車料金が安くなるカードを購入することができるそうなので、早くゲットして電車でいろいろ動き回きたいな。

関連記事

0 Comments

Leave a comment