FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

Day3② ローザンヌからCossnayへ 蠅地獄のレストランで食事・・・


P1060068.jpg
こちらが私達が今回Cossnayでお世話になった宿、Hôtel Le Funi de Cossonayです。

P1060070.jpg
気さくなスイス人夫婦がやっている宿で、英語オーケー。

P1060073.jpg
私達がとおされたのは、受付から入ってすぐ1階食堂の隣の部屋で、ホテルでは一番広い部屋だとか。ジュネーブのホテルの広さと比べると田舎というだけありゆったりです。ちなみにここもエアコンナシで、Cossnay地方に関して言えば毎年ここ数年この時期はとても暑くなるとかで、暑さ対策としてゲストはなるべく1階から入ってもらっているとのことでした。

P1060076.jpg
お部屋は格別おしゃれとかアプライアンスが良いとかはありませんでしたが、清潔感があって良かったです。枕にもクッキーあり。

P1060089.jpg
バスルームにも可愛いセットあり。

P1060074.jpg
私達がステイした日はこの部屋で窓を開ければ十分涼しく結局使いませんでしたが、ここのホテルは扇風機が用意してあったのもありがたかったです。

P1060077.jpg
1階のこの部屋には外の庭に出る窓がついていて、庭からの景色もとても良く、個人宅にステイしているようなそんな気持ちになって個人的に素敵だと思いました。

P1060130.jpg
部屋の裏はちょっと離れてお隣さんの家があるだけ。

P1060129.jpg
部屋の真横は、小さな1連結のゴンドラのようなトロリー?のような乗り物の停車駅になっていますが、ほとんど音がしないので全然気になりません。

P1060128.jpg
ここがその駅。一度だけ乗客が乗っているのを見ました。

P1060087.jpg
P1060086.jpg
バスルームはこんな感じ。お湯の出とかは問題なし。ですが、このシャワー欧州にはよくあるタイプのようですが、ふわっふわの薄いカーテンだけで足元の仕切りだとかが一切ないため、月島さんと連続で入ったら、シャワーカーテンが換気扇の風とシャワーの水圧でふわっふわ動いて身体に張り付くわ動きまわるわ、水圧もかなりあるのでシャワーの向け方によってはすごいところまで水がいくわで、シャワー後は洗面の方まで水でジョボジョボになっていました。せめてバスタブかガラスか何かで仕切ろうよ~!と思った永福でした。

P1060069.jpg
今日1日運転した疲れか、永福は眠くて眠くて仕方がなくちょっとバテていたので、ホテルに到着後月島さんが周囲を探索しに行っている間横になっていました。

P1060091.jpg
その後、周辺で何か買って食べようかと思っていたのに全くお店もなくろくな食べ物がなかったため、宿のオーナーにレストランを教えてもらい、そこへ頑張って運転して到着。まあなんか結構良さ気なレストランなんじゃない?

P1060092.jpg
・・・が!ふとテーブルについてまずテーブル横の窓を見ると、網戸に10匹ほどの蠅が・・・。

P1060094.jpg
えっちょっと蠅すごくない?と月島さんに言いながら正面を向き直り月島氏の後ろや横のテーブルを見ると、ひーーーーー!!そこらじゅうにわんわんと蠅が集団で!黒くなって止まってる~!ぞっとする量で、ここは牛小屋か?!というレベル。

これは衛生上ありえないでしょう!と、もうそこからは2人でろくに話すどころではなく、ついには月島氏がおもむろにナプキンを両手にはっしと握り、そのナプキンで付近の蠅をぱしッ!!とはたきはじめる始末。

もう具合悪いのに拍車かかった感じで永福はぐったりしておりましたが、食べないわけにもいかないので、お料理を待っていると・・・

P1060100.jpg
オーナーの女性がにこにこ笑顔ですごい肉の塊をフランべ。え、マジそれうちのオーダーしたやつ?(笑)そんなに食べれね―よ。

P1060101.jpg
これはオーナー女性のおすすめ一品で、この遠さじゃ伝わらないかもしれないけど、

P1060104.jpg
すごい大きさとボリュームでした・・・

P1060098.jpg
まあでもこの田舎町にしたら料理自体は美味しくがんばってるなっていうレストランでおススメです。だけど、ほんと、蠅をどうにかしろーーー!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 南フランス情報へ
ランキングに参加しています。よろしかったらぽりちとお願いします♡
関連記事

0 Comments

Leave a comment