FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

週35時間労働制&退職60歳なフランス

今日のマントンは家の裏側山の方に雲が出ていますが、海側は予報どおりsuper良い天気です!そして暑い!流石に真夏の猛暑とは違うけど、結構暑いです。昨夜は久しぶりに10時半過ぎにベッドに入り、ぽてっと寝て朝9時過ぎまでぐっすりと良く寝ました。あ~ほんとこんなに寝たのは何年ぶりか・・・。

20150919.jpg

20150919 2

さて、昨日フランス語のクラスで、On n'aime pas (= we don't like --)という話をしていた時、Mme.コリーンが話した例文が、

En France, on n'aime pas beaucoup travailer.
Donc on fait beaucoup de grève!

(In France, we don't like to work a lot.
Therefore, we do a lot of strikes!)

要は、フランス人は働くのが好きじゃないから、ストライキをたくさんする、と。
やっぱりそうなんだね(笑)。

以前からここでも何度も書いていますが、ここらへんの電車はとにかくストライキが多い!
モナコ勤務の月島さんもストライキで行けない&帰ってこれないことは日常茶飯事。
えっまたですか・・・みたいな。

この例文から、フランスの労働状況の話になり、
なんとフランスでは2002年から、労働時間を年平均、常勤で週35時間に法的規定したそうです。
いやーびっくり。その後、フランス経済悪化により、この法律をなくして40時間に戻そうとしたところ、大規模ストライキが起こり(笑)このまま現行になっているとのこと。

でもストライキでちゃんと国民の声が聞き届けられるあたりは、最近のどこかの国の強硬独裁的なやり方とは対照的に、ある意味とても健全だなあ、なんて私は思ってしまいましたが。

さらに、電車のストライキも、ストライキやってても普通に賃金もらえるそうで。
だから、今日はなんだか仕事したくない気分だな~じゃストライキするか!みたいなノリなんじゃないか、と話していました、。
このあまりのストライキの多さだと、そう思っちゃうよほんとに。

そしてフランスのリタイア年齢は60歳。
ちなみにイギリスは男女それぞれリタイア年齢が異なり、男性は65歳、女性は60歳だそう。

いろいろなお国事情、面白いですね。


関連記事

0 Comments

Leave a comment