FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

Pink Ribbon Walkでローカル紙に載りました(笑)

最近記憶にも新しい北斗昌さんの乳がんニュース、日本でも乳がんに対する意識が高まったのではないかと思いますが、10月は乳がんアウェアネスPink Ribbon月間ということで世界各国で様々なイベントが行われますよね。

ここMentonでも、今週末Pink Ribbon Walkが行われました。地元紙をみて参加を迷っていたお友達と2人で参加することにしました。月島氏も2人の専属カメラマンとして同行。

マントンには南北に走る2本の大きな通りがあり、そのうちPalace du Europeのある通りをずっと北上し、駅近くのマルシェで朝10時待ち合わせということだったのですが、そんな団体はどこにも見当たらず、想像していたピンクリボンイベントらしきものは気配もなく、どこ?いなくね?みたいな感じでうろうろしていたら、やっとマルシェのはしこのほ~うに見つけました!すごい少人数のピンク集団。

てことで、すごいこじんまりした人数でしたが(笑)、みんなでスタート。

DSC_1024.jpg
この女性が(名前忘れた・・・)今回のマントンでのピンクリボンウォーク主催者。モロッコ生まれで、これまでいろいろな仕事をしながら世界中をめぐり、数年前からマントンに住んでいるらしい。

DSC_1021.jpg
マントンの住宅街のわき道から、修道院を目指します。

DSC_1028.jpg
以前から書いていますが、マントンは海と坂の町なので、この道も階段が多くてずっと坂。

DSC_1025.jpg
この黒とゴールドのジャージを着た女性はなんと82歳。ベリーショートのヘアスタイルがとても似合っていて、カッコ良かったです。こういうおばあさんになりたいわ~。ちなみに彼女の健康の秘訣は、基本的に町内どこへ行くにも歩くこと!だそうです。

DSC_1030.jpg
こちらが、地元紙Nice Matinの記者とカメラマン。

DSC_1036.jpg
修道院へ続く道のわきには、巡礼のようなキリストの絵が描かれたものがところどころに建っているそうで、ここにもところどころに建っていました。

DSC_1043.jpg
こんな感じ。

DSC_1039.jpg
テラコッタのような素材で出来た小さなものです。オリーブの木がそこらじゅうに生えています。

DSC_1038.jpg
こんな道を上ったりして、結構な坂が続くので、ゆっくりグループを途中待ったりしながらゆっくり進みました。

DSC_1045.jpg
そして歩くこと30分ほど・・・やっと視界が開けて、ついに目的の修道院の入り口が♪

DSC_1047.jpg
こちらが山の上に建てられた小さな修道院。

DSC_1068.jpg
修道院の庭では木と芝生が青々としていて、オリーブの木々は海からの風に揺れ、歩いてきた疲れもすっかり忘れました。

20151011 1
修道院の斜面には葡萄が植わっています。昔はこちらでワインも作っていたそう。

DSC_1079.jpg
山の上に建っているので、眺め最高!

DSC_1066.jpg
晴れていて遠くまでよく見えました。

DSC_1062.jpg
今回のウォーキングはdonationや参加費用は一切なく、ただアウェアネスのためにみんなで歩こうというイベント。でも参加賞としてお菓子とドリンクを用意してくれていました♪

20151011 4
同行していたNice Matin紙の記者さんに、いつの新聞に出るのか確認をして、たばこ屋さんで買ってみると・・・出てました~♪

20151011 3
参加者は少なかったからかなりこじんまりはしてるけど、一面使って書いてくれてますよ~。マントンに住み始めてまだ間なしですが、こういう地元の人たちと一緒に(といっても私はほとんどまだ会話になりませんけどね・笑)参加して、新聞に載れたりすると、ここの土地の住人に一歩近づけたような気がして嬉しかったです。ほんとに良い思い出になりました。

このイベント情報教えてくれたお友達にもほんとに感謝!

20151011 2
最後に・・・この日お気に入りのThe Big Bang TheoryのシェルダンのBazinga!Tシャツを着ていた月島さん、参加者女性がシェルダンの大ファンだったらしく、月島さんのTシャツに気づき次第Oh---!!と駆け寄ってきて、なぜか写真撮影(笑)。
2人でBazinga!ポーズにてパシャリ。

乳がん検診、必ず毎年うけましょう!そして乳がん検診と同じくらい大切なのが、子宮けいがん検診。簡単な検診ですから、20代を越えた女性は子宮の婦人科検診は毎年受けるのをお勧めします!
関連記事