FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

フランス免許証への切替手続き pt1

これまで日本から持ってきた国際免許証でずっと運転していましたが、そろそろフランスの免許証を取得せねばならない時がやってきました(日本出発から1年以内に切り替え要)。

P1110519.jpg
※写真は全く関係ありませんが、近所のお店の看板犬。

ということで、フランス免許証への切り替え手続きについてここに記録しておきたいと思います。

まずは在フランス日本大使館ページで確認すると・・・

『フランスの運転免許証への切り替え

フランスの運転免許証への切り替え手続や必要書類については、パリ居住者はパリ警視庁に、パリ以外の居住者は居住地の県庁(PREFECTURE)又は支庁(SOUS-PREFECTURE)にお問い合わせください。

必要書類として、日本の運転免許証の有効性に関する証明書(un certificat des autorités ayant déliveé le permis de conduire attestant de la validité des droits à conduire)を要求されることがあります。 このため、当館で日本の運転免許証の有効性に関する書簡(フランス語)を作成しています。』

さらに詳細はこちら

日本の運転免許証からフランスの運転免許証への切り替え手続きについて
(※学生、ワーキング・ホリデイ滞在者を除く長期滞在者の方が対象となります)

1.フランスでの運転免許証切り替えについて
(1)フランスに長期滞在する方(学生・ワーキングホリデイでの滞在の方を除く。)は、フランス入国後1年以内に、日本で発行された運転免許証をフランスの運転免許証に切り替えるための申請を居住地の県庁(Prefecture)又は支庁(SOUS-PREFECTURE)に行うことができます。(注1)
(2)また、フランスの運転免許証への切り替えの際、日本の運転免許証はフランス県庁に提出することとなりますが、2006年3月以降、これら日本の運転免許証は、各県庁から在フランス日本国大使館に返還されることになっています。この返還を受けて、大使館は所持人に通知の上、返還させていただいています。(注2)

(注1)フランス到着後、1年が過ぎた場合、フランスの運転免許証への切り替え申請はできなくなりますのでご注意ください。
(注2)EU加盟国内では運転免許証の二重携行が禁止されています。従って、EU圏内で運転する際は、日本の運転免許証が在フランス日本国大使館を通じ、各個人に返還された場合、日仏運転免許証を同時に携行することのないよう、取り扱いには十分ご注意ください。

2.運転免許証切り替えに必要な書類
(1)切り替えのための必要書類は次の通りです(パリ居住者の場合:2010年6月現在)。
(ア)日本の運転免許証及びコピー(免許証の両面をカラー及び白黒各1通)
(イ)日本の運転免許証の翻訳及びコピー
(日本の運転免許証の翻訳は、管轄の在外公館またはフランス在住の法定翻訳家に依頼してください)
(ウ)写真(4.5㎝×3.5㎝)5枚
(上記翻訳証明書に1枚、パリ警視庁への申請時に4枚必要になります。)
(エ)フランス滞在許可証及びその両面のコピー
(オ)手数料は無料
(2)運転免許証に関する詳細事項については、パリ居住者はパリ警視庁にお問い合わせください。
パリ以外に居住の場合には、居住地の県庁(PREFECTURE)又は支庁(SOUS-PREFECURE)にお問い合わせください。

これはパリの場合の手続きでずが、恐らく他の地域もそんなに変わらないのではないかなと予想。

Cote d'Azurの管轄領事館であるマルセイユ領事館での運転免許証明の申請手続き。

自動車運転免許証明(PERMIS DE CONDUIRE JAPONAIS) の取得:

日本の運転免許証の内容をフランス語で証明する書類で、フランス語の翻訳に相当します。フランスの免許証に切り替える場合に必要となります。

必要書類

1. 申請書(窓口にも用紙があります。)

2. 有効な日本の運転免許証

3.写真 1枚(縦4.5cm×横3.5cm)

4. 旅券の写し

5. (お持ちの方)フランス滞在許可証の写し、または仏国査証の写し

申請・交付についての注意事項

• 当館窓口の開館時間は、午前9時~12時、午後13時45分~16時30分です。

証明書申請の際、閉館時間まで余裕(30分程度)をもって入館いただくようにお願いします。

また、事前に電話で確認されることをお勧めします。

• 申請は、原則としてご本人に限ります。交付時は、委任状を持った代理人の方でも受領して頂けます。 ( →委任状のダウンロードはこちら PDFファイルを開きます 委任状 )

• 当館で作成する証明書(仏文)は、当館の管轄地域内に所在する提出先のみ有効です。当館の管轄地域外にお住まいの方は、管轄公館にてご申請ください。

日本大使館サイトに、郵送での申請方法が書いてありました。

郵送での申請方法

当館にサイト内の別ページに移動します。在留届を提出している方で、遠方にお住いの場合のみ、郵送で申請をすることができます。(受領は来館のみです。)  
他のサイト内の別ページに移動します。管轄地域にお住まいの方は、管轄公館に申請なさってください。

   別ウィンドウで開きます。在マルセイユ総領事館 別ウィンドウで開きます。在ストラスブール総領事館 別ウィンドウで開きます。在リヨン領事事務所



郵送にて申請ご希望の方は、下記の書類を揃えて、大使館領事部証明係宛に送付してください。

必要書類

1申請書
2有効な日本の運転免許証のコピー(鮮明な裏表両面のコピー)
3パスポートのコピー(原本は送らないでください)
4フランス滞在許可証(申請中の場合はフランスの入国ビザ)のコピー
5写真一葉 縦4.5cmX横3.5cm(眼鏡等の条件のある方は眼鏡をかけた写真)


送付先

SERVICE CONSULAIRE (証明係)
AMBASSADE DU JAPON
7 AVENUE HOCHE 75008 PARIS


郵送での申請書が当館に届いた後、当館よりご連絡を差し上げます。 

 当館より連絡がない場合は、領事部証明係(大使館代表電話 : 01.48.88.62.00).までご連絡ください。

証明書の受領

 証明書の受領は、来館のみとなります。 

 受領の際には、運転免許証の原本、 パスポートおよび滞在許可証を持参してください。

けど、受領は来館のみ、これは日本大使館管轄パリ地域に住んでいる方のみ対象っぽいです。
マルセイユ領事館は郵送申請受け付けてるのかしら?

あとの詳細は、どうやら地元の県庁か支庁に問い合わせねばならないようです。
一筋縄じゃいきまへんな~
関連記事