FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

南仏&モナコエリアでのフランス語教室探し French shool hunting

昨日は雨が降っていたマントンですが、今日は良いお天気になりそうです♪
20160110.jpg
朝8時頃の写真ですが、まだ朝焼けが出ていて、日がのぼりきっていない南仏。
年明けから復活したフランス語教室ですが、先日日本から帰国して、年末まで通っていたAllianec Francaiseの次レベルのクラスに途中参加しました。
が、私以外に6名ほどいるクラスメートの殆どがイタリア人で、同じラテン系の母国語を持つ彼らは既に会話レベルのフランス語はかなり話せて、とてもbeginnerレベルではなく、ただ文法をブラッシュ・アップしたいだけ。
そんなわけなので、私がクラスに参加した時も、クラスはフランス語で世界の宗教についてディスカッションしている最中・・・こんなレベルで分かるなら、文法くらい自分で家で教科書見ながら勉強しろー!
クラスの後半に練習問題をやることになりましたが、そのinstructionもじーちゃん先生がただでさえ聞き取りにくいふるえる声のフランス語で説明。その説明がそもそもフランス語で分かるくらいなら、こんな練習問題必要あるんかいな、と矛盾と怒りを感じつつ、最初に指された女の子の応答を待つも、その子もどうやらイタリア人じゃなかったらしく沈黙。
先生がフランス語で、今の説明理解出来た?と。分かるわけねーだろ!と私も内心つっこみましたが、その子もまさにそういう気持ちだったらしく、フッと半ばあきれ笑いを浮かべながら、Noと。
その後、私も加勢して、説明を何度か繰り返し聞いて、先生や他のイタリア人生徒のたどたどしい英語の説明を聞いてやっと理解出来ましたが、「左右2列にある語彙一覧から自分の好きな言葉をひとつ選び、発音する。その後、その発音を聞いて先生と他の生徒全員で、左と右のどちらの列のどの用語を発音したのかを当てる。」ということでした。
分かるかー!
ということで、クラスの後半からもはやこのクラスで継続するのはどう考えても無理があるな・・・と悟り、クラスが終わった後に教室から出て行こうとすると、出口にいたじーちゃん先生にクラスにいたもう一人のブルガリア?出身の女性とともに呼び止められた。
どうやら彼女もクラスでちんぷんかんぷんだったらしく、先生が、このクラスは殆どイタリア人生徒で既にかなり理解出来ているから、君たちは別のクラスの方がいいかもしれない、と。
この日は火曜と金曜2日あるこのクラスの金曜のクラスだったのですが、私は既に火曜のクラスに出席後、このクラスは無理かもと察知して、学校の先生と事務局の人にメールをしていて、
以前参加していたクラスのクラスメートが参加している、英語圏の生徒もいるクラスをトライアル出席したい希望を伝えていました。
なので、そのもう1人の子にもそのクラスを一緒に試してみるか聞くと、トライしてみたいとのこと。なので、とりあえず月曜日に一緒に参加することになりました。
そちらのクラスは、月&木の午前中のクラスで、去年終わらせたIntensiveクラス後そのまま継続する場合に本来出席予定であったクラスでしたが、年末年始日本に帰国予定だったこともあり、後からスタートする別のクラスをということで参加したのがこのイタリア人クラスだったというわけです。
新たに参加予定の月木午前中クラスは恐らく解説は英語できちんとされているので、なんとか遅れた分の文法は独学で追いつき、あとはクラスの中で先生の解説を聞くことが出来たら・・・と考えました。
こちらは来週月曜参加予定ですが、こちらも10月末から継続してクラスを週2で続けているクラスなので、もしかしたらかなり先に進んでいる可能性もあり、
念のためMentonとMonaco周辺にあるフランス語学校を調べまくり、先週からメールコンタクトしまくりました。
調べた結果、Menton周辺に学校はなく(教会でやっている無料教室はあり。しかし教師によってクラス内容と質にかなりの差あり)、Monaco周辺にあるフランス語学学校は総じてAlliance Francaiseよりも高く(1.5倍くらい)、他にある選択肢としてはプライベートレッスン。でも、Monacoのプライベートレッスンは本当の一対一のみで相場はだいたい1時間40~60€、2、3人のセミプライベートをやっていないというところも多いのが驚きでした。
やっぱりモナコ値段ってことですかね(笑)。
そんな中、Mentonからも近いRoquebruneでフランス語を教えている先生がいると、Monacoでプライベートレッスンしかしていない別の先生から情報をもらい、早速電話にてコンタクトしてみました。彼女の名前はClaudine。
すると、留守電は英語とフランス語で流れるのに、Claudine先生は片言の英語もダメ(爆)。うちに折り返しの電話が来たときにも、先生のお子さんか誰か、女の子が英語で近くにいる先生との間をとりもって話してくれる始末。
でも、とにかく早くフランス語を始めたいのと、この先生はもしもう一人生徒を見つければセミプライベート1時間20€ででもやってくれるということで、もう一人誰か一緒にクラスに参加したいという人を募ることにしました。
そして南仏とモナコにある英語圏の人たちのためのサイトに、セミプライベートレッスンを一緒に参加できる人募る、という広告を出した後、Claudineから電話が。
出てみると、当然英語が話せないClaudineではなく、この前の女の子でもなく、別のキングスイングリッシュなまりのステファニーという女性(笑)。用件としては、どうやらセミプライベートを一緒にやれそうな人が他に見つかりそうなので興味あるか、ということだった。もちろんある、と答えると、それじゃまた連絡しますね~♪ということで電話を切る。
次の日、またClaudineから連絡があり、今度はまた別の若い女性で、彼女はどうやらClaudineの生徒らしい。彼女も昨日私のところに連絡をしてきたステファニーという人から私のことを聞いて、直接生徒同士で話せということになったらしい。
彼女は夏からこちらの大学に入る予定で、集中レッスンを希望しており、週5日、AMとPMの両方やりたいということで、集中的にセミプライベートで一気に勉強するのも悪くないと思ったところで、彼女が、私は既に基本的な会話はマスターしているIntermediateレベルなんだけど、あなたは?と聞かれ、これまた交渉決裂。
話ついでにと、そもそもこのClaudine先生って誰なのか、他のステファニーとかいう女性も一体誰なのか?と聞くと、彼女もやっぱりここらへんでなかなか先生が見つからずやっとネットを通じてこの先生を紹介されたとかで、今初めて先生と会ったばかりで自分も分からない、とのことで、私と同じような感じでした。
同時に、Claudine先生のほうもどうもことが進んでゆかないので、はてどうしたものか・・・と考えていたところ、セミプライベートの生徒募集の私のポストを見て、ある先生がコンタクトしてきてくれました。
彼女の名前はSylvieで、プライベートレッスンの場合は値段交渉出来るから、もう少し安くと言ってみると良いわよ~というアドバイスをくれました。どうやら彼女もフランス語を教えているということで、お値段も1時間28€とここらへんの相場から考えるとかなりお手頃!!
ということで早速彼女に教えてもらえないかと打診してみると、彼女はNice近くのVillefrancheというところに住んでいるので、Monacoまでが限界でそこからさらに南下したMentonまでは来れないとのこと(涙)。
そして、「初級者は特に集中できる静かな場所でないと勉強できないから、カフェだとかで会うのはお勧めできない。だから近所で先生を見つけるか、モナコで誰か他に生徒を見つけて彼女の家でクラスをするかのどちらかが良いと思う。」と言われてしまいました。或いは車があればうちまで来てクラスをするのが良いと思うけど、でもたぶんあなたのエリアに先生は見つかると思うから、良い先生が見つかりますように!と。
でも、彼女の言うのはほんとうにその通りで、私も初級者レベルでフランス語を学ぶ上で、集中出来る静かな場がないと難しいなと。そして何よりも、このSylvie先生の親切さに感動。自分が儲けよることよりも、生徒のことを考えて助言してきてくれるその人柄にびっくりしました。
その後も、先生には感謝を伝え、あと、永福は車を持っていて運転も出来るので、もし良かったら先生の住所を教えてもらい、夫と事前にそこまで運転してみて行けそうなら、そしてマントンエリアでもし先生が見つからなかったら先生のところで教えてくれますか、と聞くともちろん!ということで、さらに先生はなんと、
もし早くフランス語が習いたいということならば、まずは私のところに来てレッスンをして、その後あなたの家の近くに先生が見つかった時点で私のところはやめてその先生に切り替えたら良いじゃない、とまで提案してくれる始末。なんて良い人なんだ――――(涙)。
そんなわけで、今既にSylvie先生の人柄にすっかりほれ込んでしまっている私ですが、まずはSylvie先生との出会いに感謝しつつ、マントン周辺で先生募集のポストを再度啓示して、今連絡待ちです。
もしSylvie先生に習う場合には、週1で2~3時間くらい先生のところでレッスンさせてもらうことを考え中です。
今日はランチを月島さんの同僚家族として、その後にSylvie先生のうちまで運転予定です。一人で運転して行けそうな場所だと良いなぁ・・・。
関連記事