FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

イタリアで生食用魚買い出し&人の縁と相性chemistry

フランスは殆どのお店が日曜は閉店か午前中だけなので、週末土曜日は大抵買い出しをする日になる。

来週末はホームパーティーを予定することもあって、お寿司好きなゲストが多いのでお寿司を出そうと思い、生食可能な新鮮な魚を買いに、すぐお隣のイタリアヴァンティミリアのマルシェにお出かけしてきた。

イタリアに向かう前に、不在届が入っていた荷物を受け取りに郵便局へ立ち寄った。私が車を停めている間に月島氏に受け取ってもらおうとしたら、宛名本人がIDを持ってしか受け取れないとかで以外に厳しく、仕方がないので私も出動し、やっとヴァンティミリアへ。

resizedDSC_1512.jpg
イタリアの方が断然食材が新鮮で安いものだから、イタリアへ食材を買い出しに行くフランス人で、週末のヴァンティミリアのマルシェはとても混んでいる。駐車場を20分くらいぐるぐるしてやっとこさスペースを見つけ、先ず生食OKな魚を仕入れに魚屋へダッシュ。事前にイタリア語で生食で食べられますか?という文章を用意して準備万端。

resizedDSC_1513.jpg

resizedDSC_1514.jpg
が、事前に準備していった文章を読み上げるも、全く通じず・・・(-"-)仕方がないので紙を見せてやっとかろうじて通じる。なんで~~~。でも無事お刺身用の鮭、まぐろ、そして鯛をゲットしてノルマ達成。市場のお姉さんが内臓と鱗をとってきれいにしてくれる。

resizedDSC_1515.jpg
日本で見かける魚も多く、しらすも沢山出ていた。

resizedDSC_1516.jpg
蟹のはさみのような大きな手をした海老。ちょっとどんな味か気になる・・・。海老アレルギーがなければ食べたいところなのに、残念だ。

resizedDSC_1532.jpg
その後マルシェで、フランス側では新鮮な状態で手に入らない玉ねぎや菜の花を大量に購入してお買いものはひとまず完了。2人とも朝から何も食べていなかったので、ランチに町の中心へ移動した。

resizedDSC_1524.jpg
今日は早く買い物を済ませて帰りたかったので、以前も入ったことのあるコスパの高いレストランに行くことにした。中は美味しそうなイタリアのお菓子バーチ・ディ・ダーマがカンノーリも置いてある。

resizedDSC_1523.jpg
今はイーストアレルギー食事療法中だけど、五月のモナコグランプリで友人が来る頃辺りにはなんとか体質改善進み、お菓子食べれると良いなぁ。

resizedDSC_1522.jpg
ほんと、フランスとイタリアに住むという貴重な機会を得ながら、何が悲しくてアレルギーで現地のこ~んな美味しそうなお菓子やご飯が食べられないのか。我ながら切なくなる。

resizedDSC_1519.jpg
てことで、食事療法中であらゆる糖質(砂糖、炭水化物)、菌類(きのこ、カビたっぷり系のチーズ)が食べれないので、サラダを先ずオーダー。

resizedDSC_1518.jpg
そして、パルメジャンチーズなら良いかなってことで、茄子のパルメジャンチーズとトマト挟み焼き。このお店、ほんとは手作り生パスタとピザが美味しいので、月島さんはペストソースのちねり?パスタ(笑)。

私のアレルギーはお酢の入ったマヨやケチャップも原則禁止なので、ずっとオリーブオイルにハーブソルトか塩胡椒だけで食べていたこともあり、トマトソースととろけたチーズがめちゃくちゃ美味しく感じて幸せな気分に。

お隣に座っていたフランス人老夫婦が2人ともとても小柄で白髪で可愛らしく、私達がここら辺では珍しいアジア系ということもあるのか、なんとなく目が良くあって微笑み合ったり、私達が食べ終わって会計に席を立つときにも自分達の荷物をどけてくれたりと、フランス人にしては珍しく(笑)細やかな気遣いをしてくれて、お礼を言って私達は次なる買い出しへ。

resizedDSC_1527.jpg
今度のパーティーで食事の合間につまめる大人用お菓子と、子どもたちが三人来る予定なので、その子たちへお菓子を探しに。

resizedDSC_1528.jpg
美味しそうなイタリアのお菓子が沢山あるけど、食べれない永福には拷問のようだ~。うぅ~。

resized20160207.jpg
こちらが子どもたちに配る用のリンツのバレンタインバージョンのクマチョコレート。

resized20160207 1
そしてこれが、月島氏が買ったスーパーマン・エナジードリンク。月島氏が外出先の自動販売機で買うのは大抵エナジードリンク。アメリカでは飲むと排せつ物がすべて緑になるというエナジードリンクを愛飲し、今回もあまりのアーティフィシャルな見るからに体に悪そうという永福の制止を払いのけ、はしゃいで購入。

なんでこんなにめちゃくちゃな食生活の月島氏がものすごい健康体で全く太らず、人一倍食生活に気を使う永福が今もこんな体調でさらなる食事制限を課される生活をする羽目にならなきゃいけないのか、かなり納得いかない。目の前で私が食べれない、美味しそうなバゲット一本を夕食にして、たっぷりバターをのせてむしゃむしゃ食べる月島氏を見ていると、イラッとせずにはいられない(笑)。

resizedDSC_1529.jpg
お店にあったこのチーズも、イーストアレルギー食事療法を3ヵ月ほどした暁には食べたいな~。

resizedDSC_1531.jpg
天気がイマイチで、調度買い物を済ませて車へ歩いているときに小雨が降り出して、ラッキー。

今度は、マルシェでは手に入りにくい加工食品類を、フランスのわが家の近くの大手スーパーまで買いに移動。

そしてお店の中で買い物をしているときふと目の前を見ると、あれ?なんか見たことのある人・・・

おッ!さっきイタリアのヴァンティミリアのレストランで隣に座っていた老夫婦のご主人ではないか!(笑)思わず微笑みかけると、ご主人もほぼ同時に気づいて微笑み、私が後ろから来ていた月島さんに伝えようと振り返ると、調度そのご主人もまた近くの奥さんに報告しているところで、お互いにまた手を振り合い(笑)。お互いマントン住人だったのね~♡なんだか心がほっこりとする出来事だった。

ご縁のある人って結構何度も合ったりするよなぁ~なんて思いつつ。あと、なんとなく雰囲気的に空気感が合う人って、言葉が通じなくてもなーんか居心地良かったりするものだし、無理せず自然の流れで縁が出来あがって続いてく。

対して、どうも相性の合わない人って、もう空気感が合わないことが多い。これといって話をする前にも、違和感を感じることが多い。それでもいやいや、まだ知らないし、と思って先入観持たずに色々トライして努力して付き合ってみても、やっぱり合わないことが多くて、個人的にはchemistryってあると思う。

resizedDSC_1537.jpg
いずれにしても、どうせ付き合うのなら、一緒に過ごす時間はお互い気持ちよく楽しい気持ちになれるようにしたいものだなぁ・・・とそんなことを思いながら帰宅。朝10時に家を出たけど、帰宅時はもう16時でさすがに充実した日だったな~。


関連記事