FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

フランス人若者のどの過ぎたいたずら・・・ポスト表札はがしと放火未遂

うちのポストはアパートのエントランスにある。エントランスへは電子コードのついた重い木のドアを開けて入り、そこからもう一つ鍵の付いたドアを開けてアパート内に入る。

そのポストの表札だが、少し前まで前任者の郵送物も届いていたこともあり、念のため月島永福家と前任者家の2つの名前を記した表札を出していた。そして先日月島さんが前任者と確認後、もう重要な郵送物はないということでポストの表札を永福月島家だけの新しいものに取り換えたばかりだった。

そんな矢先に事件が発生。

先週初めてフランスアマゾンで買い物をして、それらが月曜に届く予定だった。アマゾンのChronopost(速達)トラッキングで、到着予定日の朝ニースを出発したところまで確認し、本当はいろいろと用事があったのだが外出もせずに家で待機。ところが、待てど暮らせど全然来ない。


フランスってやっぱりいい加減なのか~?
と、ついに配達時間の終わった18時にもやもやしながら夕食の支度のために買い物に出かけるついでに、ふとエントランスにあるポストを見ると・・・


表札が何者かにひっぺがされていて、ずっと前に住んでいた人の表札が出ているΣ( ̄Д ̄;)!!

どーりで来ないはずだよ!!これじゃ不在届だって入らないって!!

そうこうしていると、同じアパートの住人のおっちゃんが帰ってきて、ポストのところで私が表札をはずそうと格闘しているのをヘルプしてくれ、なんとか前住人の表札を外した。わたしが彼に英語で、誰かが表札のシールをはがしてるよと言うと、そうかそうかという感じで、ふと近くにあった別のポストからひっぺがされたらしい表札シールを発見し私にこれはお宅の?と。

でも、それはうちの表札ではなかった。みんなはがされとる??

そういえばちょっと前に、うちのポストの表札の横に、既にはがして捨てたはずの以前の、前任者と名前が列挙された表札が貼ってあり、あれ???と思っていたのだった。

そして、うちに来た人たちから何度か、インターカムの表札ないようなことを言われた記憶が・・・。

どうやら誰かが、ポストに貼ってある表札だけでは飽き足らず、インターカムの表札もはがしては関係ないところに貼ったりしているらしい。

そんなわけで、これからいろいろとアマゾンからのオーダーも到着予定だし、大切な書類申請もあったりで、どーする???という話をしていた後日、まずは表札をシールで表に貼るのではなく、ポストの中から取れないようにしようとエントランスホールに降りて行った。

すると、ちょうどうちの上に住んでいるベアトリックスというおしゃべりでフレンドリーなおばちゃんも階段から下りてきて、壊れていたエントランスドアのカギを直すために業者と話をするところだった。フランス語はさっぱり分からないけど、ポストの件もあるし、このベアトリックスは英語も話せるので、良い機会だから一緒に話を聞いていた。

すると、これから鍵を付け替えるので見積もりをとって、それから各世帯で必要なカギの数を確認してから、修理になるとのこと。

そして、業者との話が終わったベアトリックスに、ポストとインターカムの表札がはがされていることを伝えると、えぇっ!そういえば最近ここらへんに若い子たちが入ってきてるからその子達かもしれないわね~!と。

で、なんとベアトリックスの息子さんが出かけるときにこのポストのあるエントランスを通ったら、なんとポストのところにあるみなが捨てた広告類を若い子たちが集めて火をつけていたらしい!!で、あわてて彼がベアトリックスを呼び、ベアトリックスが到着したときには灰になっていたらしいが、とんでもない話だ。

私はびっくりして、えぇぇ?!火をつけた?!それは警察には話したの?!と聞くと、まあ灰になっていたし・・・とのこと。

そんなんでいいのか?
というのも、うちのアパートは古いので、非常階段はなく、唯一の出口はその火を焚かれたエントランスだけ。

なので、万が一そこで火が大きくなり火事になったら、それこそどこかの窓から外に飛び降りなきゃいけないのだ。うちは幸い三階だからまだなんとかなるけど、それでもかなり危険な話だ。

とりあえず日本で安いカメラが売ってるから、それを取り付けようか目下考え中。

アメリカでポストのいたずらといえば、あちらでは郵便配達の人が車に乗ったまま配達・集荷できるように、各家の前に道路に面してポストが立っているのだが、そのポストを通りすがらバットだとかでボールを打つのさながらに打っては倒して壊していくというのが王道のいたずらだった。それも相当だなと思ったものだが、さすがに火は冗談にならない。

Mentonchurchocean.jpg

何が楽しいんだか。どこにでもアンポンタンはいるもんだ。
関連記事