FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

ニースのOFFIIへ滞在許可証の延長手続きへ

本日はニースにあるOFFIIへフランス滞在許可証の延長手続きに行ってきた。昨日から引き続き今日もSNCFはストのため不定期でunreliableだし、朝から結構まとまった雨の降っていたので、車で行くことにした。

Prefectureは朝9時から開くのだけど、移民が殺到して長い列がすぐに出来るうえに、午前中だけしかやっていない窓口は時間になるとオフィス内で列にいようが何時間待って次の番だろうが容赦なく締め切られるため、7時に家を出発し8時前に到着。オフィスの前に駆けつけるも、既に20名ほどの列ができていた。

あ、ちなみに列・・・といってもここはフランス。日米のように列の順番をきちんと守るなんていうモラルなんざ存在しません。なので、とりあえず用意されたスペースの間にひしめき合いながら待機し、ドアが開いた途端にダッシュで駆け出し殺到、少しのスキでも見せようもんなら割りこんできてへーきな顔してガンガン行く、というのがフランスでのマナーのようだ。

最初フランスに来た時は、アメリカでも日本でも見なかったこの無秩序状態に驚いた。列や順番に関していえば、中国人並みのモラルの持ち主フランス人。バスは出口が幅狭くひとつだからさすがにおとなしく並ぶが、電車とかでドア幅が少しでもあって隙間が出来ようもんなら平気で入ってくる。申し訳ないが、とても先進国とは思えないカオスぶりなのだ。

少し前にこちらの記事に書いた、遠慮深い気質を思うと、フランス人はまだ永福にはよく理解できない。

オフィスの入り口に並ぶ人達は、今日はさすがに電車のストや雨ということもあるのか、少なめだった。

まだオフィスが開くまでは1時間以上ある。まわりを見渡すと、アメリカのイミグレオフィス同様、本気の移民(わたしたちのように赴任とかではなく、発展途上国から良い生活を夢見て母国から脱出、或いは出稼ぎのために来ているような)が多い感じ。

そんな中でいささか浮いた存在の私達夫婦が携帯を見たりしながら静かに気ままに時間を潰していると・・・

何故か突然ギターの音が前方から・・・(゚∇゚ ;)エッ!?

列の前の方で私達から数人先らへんにいる中米系の男性が、待機時間を見越してエンターテイメントのつもりなのかなんなのかギター持参でオフィスに来ており、列中でいきなりギターをかき鳴らしながら歌を歌い始めたのだった。

しかも、けっこーな音量&声量。

いやね・・・気持ちは分かるんスよ・・・外で立ってるだけでヒマっちゃーヒマだしね・・・やることないし。

でも、みんな至近距離でこみこみで並んでる中で、ギター思いっきりじゃかじゃかかき鳴らして歌うと、結構耳に負担なんだけど・・・。それに、音程もビミョーにハズれるし、選曲もなんだかビミョー、スペイン語で歌うその唄声も思わず聞きいるような声でもなく、すべてにおいてビミョー。


誰もとめるひとがいないことを良いことに、自分の目の前の1、2人がパラパラっと拍手したもんだからまた勘違いしちゃって、どんどんでかくなる声とギターの音・・・・(-"-)


マジうるせえ(笑)。


結局そっから30分間、彼の1人ライブを強制拝聴させられ、ヤメレ!!!(#^ω^)ビキビキと怒りの閾値と一人戦う永福の限界がそろそろヤバくなってきたその時、9時きっかりにドアが開き事なきを得た。

予想通り早い者勝ちのダッシュで殺到する他国の移民に負けじと窓口整理番号をいち早くゲットした永福。事前準備も周到にしてくれていた月島氏のおかげで窓口でも「Bonjor」と「Merci、Auvour」の三言(さんこと)だけで済み、9時50分にはtempのカードを受け取りオフィスを出ることが出来たのだったv(o゚∀゚o)v

その後久しぶりにKFCでお昼を食べて(わたしはもちろんサラダに塩胡椒のみ)、ニースのCarrefourでプリンターと買い出しに行って帰宅。

この後4月末頃くらいにカードが出来たお知らせが届き次第、またニースのOFFIIにとりに行くことになる。

resizedcola body shampoo

これ、最寄りのスーパーで今日見つけたコーラの香り(色もね)のボディーシャンプー。個人的にはお風呂場でコーラの香りに包まれるのも、お風呂上りにコーラの香りの体にもなるのもイヤだけど、結構売れてたよ。



関連記事