FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

バオバブ果実ジュース

本日も温かいな~Menton。暑くもなく寒くもなく、ほんとうに過ごしやすくてちょうどいい時期。
resized7203.jpg
もう薄手の長袖カットソーとかで十分な感じ。かなり観光客が多くなってきてる。特にアメリカ人、イギリス人、富裕層の中国人が多い印象。

今日も家で粛々と依頼の翻訳をやりつつ、午後にbreakもかねて近くのBIOショップへ行ったら、面白いものを見つけた。
resized7207.jpg
バオバブの樹のジュースですって~!このお店でもこれまで置いてなかったから初めて見た!
なんか食いしん坊なんでこういう変わったの見ると試したくなってテンションあがるんだよな~。

でもほんとに残念すぎることに、今の私に許されてるフルーツジュースは100%シュガーフリーのクランベリージュースだけなんで、これもトライ出来ないけどね・・・

自宅に戻ってからネットで調べたら、なんとバオバブジュース日本でも売ってるらしい。果実の部分をジュースにしたもので、いろいろと栄養素が豊富とのこと。繊維質とかはごぼうの7倍と書いてあった。

味も調べたら、どうやら酸味のあるグレープフルーツに似た味とのこと。値段としてはこのボトルで5€しないからそんなに悪くはないかな。月島さんは酸っぱいもの大好きで、家のジュースはグレープジュースかオレンジジュースばっっかりなんで、私の代わりに買って試してみてと進めてみたら、まんざらでもなさそう。

週末にでも買って試したらまたブログにアップします!

resized7206.jpg
その後天気が良かったので、そのままちょこっと海へ。家から歩いて1分かかるかかからないかでこんな風景が見れる生活は、日本に戻ったら出来ない贅沢だ・・・つくづく。1年くらい延びてくれないかなあ(笑)。

resized7205.jpg
しばらくジョギングも寒くてお休みしてたけど、明日あたりから再開しようかな。

resized7204.jpg
ビーチにも泳いでる人が多くなってきていた。

今回の翻訳の内容は、福島の放射能事故後の地元の方々の日々の生活の中での苦悩や不安などについて(ちなみに先月の依頼はうつ病に関係しているとされるneurotransmitterの遺伝子多型について)。

普段医薬文書や論文メインなので、普通の文章的な内容を表現する語彙をずいぶん忘れていて良い言葉がなかなか頭に思い浮かばないので苦戦中。

あと、もうひとつ困っているのが、日本語の会話文では、たとえば「私の子ども」について話している時に、性別も人数も分からないままでも文章として成り立つが、英語ではそれが困難でどうやってもhe/she/theyなのか訳出しなければならない言語特性があることだ。

フランス語なんてもっとロジカルで、英語では冠詞をつけないところもすべてつけたりするし、それを思うと、日本語ってとても面白い言語で好きだなぁと思う。

しかしほんとうに、今回はほんとうにまったく性別や人数情報がないから参ったな~(笑)。でも私が個人的に性別や人数勝手に決め付けてもなんだし・・・考えあぐねているところ。とりあえずだいたい訳して、最終的にメモを残すなりしてエンドユーザーと依頼者に確認してみよう。

大学時代はよくカフェや図書館で勉強していたし、どうも家だと作業に没頭出来ない。明日は天気が良かったら、月島さんと一緒に家を出て、モナコのカフェで作業しようかな~。
関連記事