FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

最近の食生活


昨夜の月島永福家の夕飯。しばらく外食続きだったので、ここ数日は久しぶりにデトックスクレンズできる食材をたくさん使った食事が食べたくなった。

P1200143.jpg
シアントロ、キドニービーンズ、セロリ、きゅうり、プチトマトとハーブのオリーブオイルたっぷりサラダ。

P1200146.jpg
食べるハーブということで、ルー不使用のドライカレー。オーガニックBIOのトマトソース、チキンストックを使って玉ねぎたっぷりに。ご飯は玄米、キヌア、ワイルドライスで繊維たっぷり。一度カレー用のスパイスを多めにミックスして作っておくと、添加物や小麦粉の入った市販のルーよりもヘルシーなだけでなくて簡単で美味しい。

P1200138.jpg
グルテンフリー白身魚の大豆粉まぶし揚げに、甘酢あんかけ。甘酢もAnti-candidaのためにアップルサイダービネガーを使って、片栗粉のかわりにサイリウムでとろっと感をつけた。基本糖質を減らすためにとろみを出す時は片栗粉ではなくサイリウムを使っているのだけど、無味無臭なのでこれは言われないと片栗粉とほとんど変わらないので月島氏も気づかず。

P1200139.jpg
久しぶりにおみそしるを飲みたくなったのでもやしで。フランスでももやしは普通にカルフールで手に入るのでお鍋にも使ったりしている。ご飯はまた玄米とキヌア、そしてワイルドライス。

P1200140.jpg
じゃがいもとズッキーニのバターしょうゆ炒め。

最近の永福の体調とAnti-candida腸内環境改善食事療法の」情報としては、以前よりいろいろなものが食べれるようになってきている気がする。玄米や穀物もそう。バターや醤油は専門家によって言うことも違うのだけど、日本人として今後醤油を一切使わないというのも無理があるし、日本古来からのものだから、体と相談しながら使っていく予定。

今使用しているのも有機の醤油。たまにしか使わないし、適量なら体調にあまり変化は感じていない。

引き続き、精製した砂糖や小麦、糖質を使ったお菓子だとかは相変わらず食べていない。でも、ブルーベリーやブラックベリーなど糖分の低めの果物は食べても不調にならないし、徐々にどこまでなにを食べれるかも変わりつつあって、制限もゆるくなりつつある。

ただ、調子に乗っていろいろ食べ始めると、やっぱりアレルギーがひどくなったり、手足の痛だるさ、汗などの自律神経系の症状や、胃腸の不調や体のだるさが出てくるので、何事も適度にということを心がけてる。



関連記事