FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

Mai 2e-2: ポピー畑と乾いた空気が印象的小さな村Aureille

BlogMidipireneeMap mai2e-2


今日はここらへん移動中。

resizedP1150811.jpg
エクソン・プロヴァンスからサン=レミ=ド=プロヴァンス(Saint-Rémy-de-Provence)に向かう途中、道路わきに広がる一面の緑に真っ赤なポピーが咲く畑があまりにきれいで、道草して見に行くことにした。畑の畔道のような未舗装の道路を入り、車から降りると、ゆるやかな風にこすれる草とミツバチが飛ぶ音だけが。

resizedP1150804.jpg
全体の写真を撮ると、肉眼では見えている真っ赤な花が思ったように映らずなんとも残念だ。実際は緑の草がたなびく中一面真っ赤なポピーが咲いていてとても華やかだったのだけど。

resizedP1150822.jpg
大きなプラタナスの木から漏れる光と揺れる影も癒される。車を路肩にとめてポピーを眺めて各々写真を撮ったり、虫や花を眺めたりしばし休憩。月島永福は写真を撮るのも好きなので、きれいな風景や珍しいものを見つけてはすぐ道草するから、今回の旅行も寄り道OKなように余裕をもって計画を立てていた。

resizedP1150824.jpg
永福妹はおもむろに、昨日プロヴァンスのペーストリー屋さんで買った巨大クッキーを取り出しおやつタイム。とってもmoistでchewyで美味しかったらしい。チッ(-"-)食べれない可哀想な永福。永福妹がおやつを堪能したところで、再度出発。

resizedP1150825.jpg
この日の最終目的地まで行く途中に、Aureilleという村があり、立ち寄ることにした。人口約500人ほどの小さな村らしい。

resizedP1150826.jpg
わたしたちの住むMenton辺りとはまた違う薄茶の壁と青い鎧戸の町。

resizedP1150828.jpg
家々の隙間から、地図にかいてあったこの村にある丘の上のシャトーが見え、せっかくだから見て行こうということになり、Google先生を頼りにてくてくあるきだした。

resizedP1150831.jpg
わたしたちの住むMentonやNice辺りはそこそこ湿気もあるのだけど、この村は空気が乾燥していて、明るい色の土壁に照り返す太陽の日差しの強さといい、時折吹く強風と巻き上げられる砂が、カリフォルニアやアリゾナの乾燥した空気を少し思い出させた。

resizedP1150832.jpg
エクソン・プロヴァンスに到着してからというもの、とにかくミストラルと呼ばれる風が強くて身体ごと吹き飛ばされそうになるほどだった。

resizedP1150827.jpg

resizedP1150835.jpg
ふと目の前を白ネコが横切り、真横の家の塀にのぼっていった。庭にはオリーブの木が植えられ、テラスには葡萄の木。南仏ではよく目にする光景。

resizedP1150841.jpg
この家にも猫が。ぶちの猫見えるかな?写真中央くらいのところで、ごつごつした石の囲いの上にいた。

resizedP1150844.jpg
途中見かけた、とても手入れの行き届いた家庭菜園。アーティーチョークやネギ、ブロッコリー、たくさんの種類の野菜が整然と植えられていて、持ち主の几帳面な性格が一目瞭然に伺える畑(笑)。

resizedP1150853.jpg
結局シャトーへあがる道にはすべて私有地立ち入り禁止の看板があり、通れないようになっていた。近くを通りかかった人に確認したところ、それ以外にシャトーへあがる道はないらしいので、あきらめた。シャトーへと続く丘を少し上がったところにあった巨大ないちじくの木。

resizedP1150854.jpg
ここらへんではオリーブ、ブドウ、ラベンダーと並んで庭でよく見るのがこのイチジク。

Aureille.jpg

シャトーも見れないようなので、一行はAureillesから次なる目的地へ!



関連記事

0 Comments

Leave a comment