FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

アテネ・フランセ

最近すっかり闘病記と化していたこのブログでしたがあせる

今回はフランス赴任ぽいことをテーマに。

永福は大学時代に第2ヶ国語としてフランス語を専攻しようとして、たった1度授業に出席してギブガーンダウンdropoutした過去があります…

当時アメリカの大学生だったのですが、アメリカのフランス語授業は、フランス人教授がいきなり順番に生徒をどんどん当ててゆき、会話していくという、全くの初心者には恐ろしいスタイル叫びそして何故か殆どの生徒が答えられるという意味不明な展開で、永福は顔面蒼白、ちんぷんかん&すごい挫折感を味わった記憶があります汗

まさかアラフォーにもなってまたフラ語を勉強することになるとはねえ~シラー人生分からんものです。

そんな永福が再チャレンジに先ず選んだのは、名門&老舗なアテネ・フランセ。

大昔に祖母が通っていたことと、通いやすさ、そしてガッツリ文法基礎からやってもらえる内容の濃さのわりに、日仏より授業料が安い¥のが選択理由。

しかし…結果今度は内容が濃すぎたんですね~(笑)欲を出しすぎて、週二回で入門と初級をマスターするファーストペースのクラスに入ったのも無謀でした…あせる

仕事しながら火曜と木曜のクラスに通い、水曜の仕事後に火曜の授業の復習と木曜の予習をして、更に火曜に出された課題を木曜までに仕上げるというのは元来ノンビリじっくり型の永福には全く向いておらず、結局入門レベル完了時点で脱落ガーン


しかもアテネ・フランセの授業では、発音重視の先生で、授業内ではひたすら教科書の文章とそれに対応した発音記号を黒板に書かれてゆくのを写し書くのがメインで、生徒はみな書き写す作業で手一杯。

しかもその先生は、肝心の文法の説明は、発音記号を書き取る合間にサラッといつの間にか口頭で説明Onlyという進め方汗

帰宅後ノートを見ても、さっぱり⁇はてなマークショック!という状態。

さらに、テキストだけでは文法説明が不十分なので、課題をやるにも自分で調べたり別途教材購入が必要だよね、というのは同じクラスの生徒たちが皆口にしていました。

あと、入門レベルが完了した時点でも全く会話出来る気がしないしょぼんという感想も皆に共通していました。


ということで、またもや挫折感を味わい、暫く失意の底で打ちひしがれ、すっかり苦手意識が植え付けられてしまった永福でしたが、

なんせ実生活があるので、再度奮起して学校を探し始めましたメラメラプンプン


今回は、実践型で、無理なく基礎から会話重視で教えてくれるところ!


そこで見つけたのが、ア・ラ・フランセーズでしたドキドキかお

体験入学してみて、文法はアテネ・フランセで思ったより分かるようになっていたけど、いかに会話が実際出来ないかを痛感。分かっている文章でも、口が全く動かないガーンしゃべるって全く別ものなのね~!と実感しました。

会話だけでメインに授業を進めて行くスタイルは、これからフランスで日常的に言葉を会話で使いながら暮らしていかなくてはならない自分にぴったりドキドキと感じてここに決めました。

そして、現時点では満足ですラブラブ!毎回新しいフレーズを繰り返し実際に生徒同士で使いながら会話してゆくのは、かなり力になります音譜

といってもネイティヴと現地でばんばん話すレベルには全くもってまだまだ達していないどころか、幼児レベルではありますけど。

でも、以前は文法からきちんと基礎をと考えていましたが、フランス語は発音や音を覚え、どんどん音でフレーズを覚えていったもん勝ちな気がします。

沢山のフレーズや文章を、覚えるうちに、何となくパターンだとかも分かってくるような?

というのも、永福の相方、月島さんはひたすらフレーズを繰り返し覚えコツコツ毎晩(何故か妻に隠れて・笑)勉強を重ねること3ヶ月あまり、いつの間にかテレビでフランス語の会話の言葉の意味が分かるところまできてますえっパンチ!チッむかっ先を越された!むっ(笑)

ということで、フランス語全く学習経験なくこれからやろうかなぁという方の参考に、永福の紆余曲折な経験談得意げが少しでもなれば幸いです音譜



関連記事

0 Comments

Leave a comment