南フランスでのわたしの生活

南仏コートダジュールのイタリアにほど近い小さな町での生活や思ったこと感じたことをありのままに。

Mai 3e-1 川のある町Beaucaire(ボーケール)でモロッコ料理

本日最終目的地であるポン・デュ・ガールへ向かう道の途中、ローヌ川に面したミュールbeaucaire(ボーケール)にランチをしに立ち寄ってみた。
resizedP1160101.jpg
これまで通ってきた山の中の町とは違い、大きなローヌ川とその川岸に続く街並みがちょっと新鮮。快晴の中で吹く風がとても爽快で気持ちが良かった。

resizedP1160099.jpg
駐車場が川沿いにあるのだけど、一方通行なので一度空きスペースを通し越してしまうと、もう一度川の対岸に走る道まで引き返してまた戻ってこなくてはいけないというちょっとめんどくさい構造をした町。それから、駐車場の入り口もわかりにくく、ちなみに我々は5周くらいしちゃったよ。

resizedP1160102.jpg

resizedP1160110.jpg

resizedP1160111.jpg
朝からまだ何も食べていなくてかなり腹ペコだったので、先ずはおススメレストラン情報収集のためにoffice du tourismeへ。

resizedP1160112.jpg
この時はまだ永福が食事制限がかなり厳しい状態だったので、インド料理かモロッコ料理のレストランがないかを聞くと、モロッコ料理のレストランなら幾つかあるということで、車は駐車場が面倒くさくてもう動かせないので、office du tourismeから歩いて行ける一番近くのレストランを教えてもらった。行ってみるとまだ開店まで30分ほどあるということなので、その間散策に出かけることにした。

resizedP1160115.jpg
この町は結構中近東系の移民が多く、実はあんまり治安が良い印象ではなかった。奥まったrueにチャードルを身にまとった女性たちが沢山立ち話をしているのを見たりすると、簡素な住宅街の壁といい、どこか別の国にきたような気分になった。

resizedP1160120.jpg

resizedP1160124.jpg

resizedP1160127.jpg

resizedP1160129.jpg

resizedP1160134.jpg
川で少し休憩してからもまだ時間が少しあったので、せっかくだからと地図にあった町のシャトーを見に行ってみることにした。

resizedP1160140.jpg

resizedP1160150.jpg
office du tourismeでもらった地図は、beaucaireの観光スポットとウォーキングコースが書いてあり、シャトーへ向かう道の途中にあったこのHôtellerie du Luxembourgもそのスポットの一つらしいのだが、正直ここまでどうでもいい系を観光スポットにするか!とみなツッコミの嵐。

resizedP1160149.jpg
めんどうになりつつある一行だったが、シャトーはそこそこ大きめでホッとする。

resizedP1160145.jpg
ところが、結局地図で示された入口まで辿り着いてみたらシャトーへの門は閉じられていて、それどころかずいぶん長いこと一般公開していない雰囲気でまたもやがっかり。他に観光スポットもなさそうだし、このシャトーをもう少しなんとかすれば人も来るだろうにねえ。ここらへんでモロッコレストランが開く時間になったので、食事に向かうことにした。

resizedP1160154.jpg
市街の中の方はあまり治安が良さそうではなかったが、川沿いは悪くなく、このレストランの女性店主もとても良い感じ。

resizedP1160153.jpg
私達の隣に座っていた男性2人と女性1人はどうやら消防士の人達だったらしいのだが、何故か私達が住んでいるMentonの町名を連呼していて、話の詳細まで聞き取れなかったのが非常に残念だが、何かMentonと関係ある人達だったようだ。

resizedP1160155.jpg
月島氏の前菜。なんかこれは、春巻きのようなものだった気がする・・・。

resizedP1160156.jpg
永福妹の前菜。

resizedP1160160.jpg
基本的にタジンがメインで、こちらは月島氏のハンバーグみたいなもの。

resizedP1160157.jpg
こちらは永福の同じくタジンでミートボールと野菜を蒸し焼きにしたもの。

resizedP1160163.jpg
このミートボールとても柔らかくて、ついてきたクスクスも美味しかった。ソラマメも久しぶりだったけど良いね~。

resizedP1160161.jpg
こちらは永福妹のメイン。

resizedP1160162.jpg
中はこんなかんじ。小麦粉のパスタのような記事の中に、お肉とライスが入っている。モロッコ料理って日本でもアメリカでも、知ってるのはタジンくらいで、レストランではほとんど食べたことがなかったのだけど、フランスではモロッコ移民が多いこともあって、インド料理以上にレストランも多いし食べる機会が増えた。食いしん坊なので、モロッコ料理いろいろ試してみたいな~。

resizedP1160164.jpg
こちら月島氏のplat du jourについてきたデザート。月島さん大好きな十八番、tarte du citronだけど、酸っぱそ(笑)。思った以上にちゃんとしたお料理でお腹も満足であった♪

Pontdugard edited
次に向かうはAbbaye de Saint-Roman!

updated Midipirenee map beaucaire
やっとここまで。まだ3日目までしか書けてないよ・・・まだまだ旅は続く・・・

つづく



関連記事

0 Comments

Leave a comment