FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

モナコ・グランプリの予選スタート

今日5/25はモナコ・グランプリの予行練習、土曜が予選、日曜がいよいよ本戦になる。月島さんの職場はモナコのラスカスカーブ近くに位置し、レース中はプレス拠点にもなるので、今日からお休み。

わが家には今年も日本からお友達が観戦に渡仏予定ということもあり、この一番忙しい時期にも関わらず、イギリス旅行での遊び疲れで先週から鼻をぐずぐずさせていた月島さんの風邪をついに私ももらってしまい、一昨日発熱してしまい、やっと峠を越して今日はかなり楽になったが、昨夜は嫌な汗と共に変な夢を沢山みてしまってちょっとグロッキー。

そんなわけで月島風邪でダウン中の私の代わりに午前中は月島さんが掃除機をかけてくれて、午後は回復してきた私も加わり普段私がクラフトルームにしている名ばかりのゲストルームの片づけやらベッドメイキングをして、なんとか明日からお客さんを迎えられる準備が整いそうだ。

そんなわけで先週までのおうちご飯。

resizedP5210619.jpg
ご存じapéritif(アペリティフ)とはフランス語で食前酒の意味ですが、これを訳したapéro(アペロ)は夕食前に軽くおつまみなどを食べながらワイン片手に集まることで、フランスではよくアペロしに集まります。カルフールでアペロ用のパイの冷凍があったので、試しに買ってみた。・・・感想は、大外れ!(笑)。値段のまんまのパッサパサバターゼロ感のパイ生地で、冷めたら食べれたもんじゃないという感じ。まあカルフールなんでこんなもんでしょう。

resizedP5190610.jpg
アスパラガスのアンチョビガーリックバターかけ。

resizedP5190607.jpg
フランスでは非常に一般的な子牛vealのステーキ。vealのお肉は一般的なbeefよりもピンク色で柔らかく味のくせも弱い。ひき肉なんかだと豚肉と間違えそうになるくらいのピンク色。

resizedP5240715.jpg
日本から持ってきた竜田揚げの粉を使ったチキン竜田。日本の調味料は簡単で美味しいやね~。風邪中に作ったやつなので盛りつけが普段以上に手抜きですみません(*ノェノ)ほんと、よくおうちご飯専門ブログとかやってる方のを見ると、品目数もめちゃくちゃ多くてしかも毎日素晴らしい器に素晴らしい盛りつけされていて、毎日よくあんな献立を思いつくよな~!とつくづく尊敬&びっくりしてしまう。

resizedP5240713.jpg
こちらは豚肉に香草を入れてコチュジャン味噌で炒めたもの。レタスで包んで食べる用。

resizedP5240716.jpg
レタスはひとたま99セントくらいで美味しくて、しかも永福はイギリス旅行後からやたらと身体がレタスを欲していて(血液浄化?デトックス?)、毎日毎日うさぎかっ!っていうくらいレタスを食べ続けていた。今はそのレタスcravingも少々鎮静したもよう。

resizedP5220626.jpg
コーンとfrench beansのハーブバター炒めと、ビーフステーキ。

resizedP5220629.jpg
他にも中華炒めとかも作ったんだけど、写真には残しておらず・・・。なんだかワンパターンな夕食風景だなー(笑)。でもまあフランスは野菜とか食材の種類が全体的に日本とかアジアよりも圧倒的に少ないので、そんな中でよくがんばってるっていうことにしとこう!(=∀=)


関連記事

0 Comments

Leave a comment