FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

わが家の水道修理依頼とその後

今日もMentonは暑いです。幸い湿気はそれほどありませんが、相変わらず日差しが強くて南向きのサロンにいると、汗がじっとり。

そういえば、6月に書いたわが家の超低水圧な水道修理の件、まだ修理されてません(=゚ω゚)ノ まーこんなもんだろフランスなら。

とりあえずうちに英語ぺらなおにいちゃんが来て、それじゃ2、3日後に新しい部品持ってきて取り換えるから!と言ってから1週間して、急に家の呼び鈴が鳴り出てみると、にーちゃんとおじちゃんが。おっ修理来てくれたのね!とおもいきや、手ぶら。

何かと思ったらもう一度確認とのこと。で、また連絡する!・・・と言ったっきりそれがもう2週間前。

フランス在住歴うん十年のブラジル人同僚に聞くと、彼の家も低水圧で連絡したっきり数ヵ月待っているとのこと。そしてフランスではあまりせっついたりして相手の気分を害すとへそを曲げて一切やらなくなったりするから難しい、という。

めんどくせー!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

・・・と思いましたが、まあ郷に入っては郷に従えで仕方がないので、大人しくまだ待ちます。

そして数週間前のある大雨の日、未だかつてないほど近くで雷が落ちる音を聞いたと同時に家の家電が何度か停電した時があり、どうやらその時かなり近くに落雷していたらしく、家の電話が通じなくなってしまいました。

こちらも、まずは最寄りのショップに行ってみたけど、原因分からずカスタマーサービスに連絡することに。


ところが何度かけても、カスタマーサービスは混雑しているのでかけなおせというメッセージと共に自動的に切れてしまい待つことも出来ないので、午後のランチ時間後に再チャレンジ。するとやっと違うメッセージが流れてホールドすること約15分。。。


やっと通じて、英語専用ラインの担当者と話し始めるも、何故かいきなりの喧嘩腰!(゚д゚)なんやねん!!

担当者がマイク越しで声がこもるわすごく強烈な訛りのある英語でぼそぼそ早口で話すわで、まーったく聞きとれない。そんな中でしばらく奮闘するも、最初から喧嘩腰なのもあいまって余計に感情的になってわけがわからないので、ついに担当者に

「Can you calm (the f***) down a little?」()の中は自粛しつつちょっと落ち着いてくれないかな?と言うと

返って来た返答はまさかの・・・「NO!!!」

えっ(゚д゚)

またブチきれながら、私が言ってることを聞いていないからよ!!と・・・いえいえ、こっちはかなり忍耐強く聞こうと努力してるけど、あなたの声も話し方もすごくききとりにくいから!

なんてbitchなんだー!

・・・と思ったけど、ぐっと堪えてそれは言わず、マイク越しだからか分からないが、声がこもって聞き取りにくいということを伝え、更に同僚からのアドバイスでへそを曲げるとやらなくなるという言葉を思い出し、ここはこちらが大人になってと、申しわけないけどリピートして欲しいと何度か繰り返すと、急にクールダウンして、相変わらずのthickなアクセントで聞き取りにくいながらもやっとお互い協力して作業開始。


結局1時間半ほどいろいろ試したけどダメで、機材取り換えになりました。


明日新しい機材を最寄りのショップで受け取り、その後また電話でトライする予定です。


電話を切った後、申しわけないけどと一言言った後の変貌ぶりに、なんとなくもしかしたらここらへんに住んでる(特にモナコ)英語圏の高飛車な富裕層の人達とかが、結構横柄な態度をとったりしているのかな~なんてふと思ったりしました。とはいえ、いきなりブチ切れてのけんか腰でカスタマーサービスってのはどうかと思うけど。

あとは、フランス人を見ていると、やっぱりアメリカ人との国民性の違いをとても感じて、今回の一件もそれでした。

また明日は同じ人と話してやる予定なので、なんとか無事電話復旧すると良いな~。


P1360102.jpg
関連記事

0 Comments

Leave a comment