FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

思いがけない素晴らしい出会い vol.1

全く予想していなかった素敵な出来事が起きた。その素敵な出来事とは、ある特別なご夫婦に出会うご縁に恵まれたことである。

実はここしばらく人との別れなど結構いろいろな出来事が重なって、気分がすっきりしないというかちょっとふさぎ込んだ気持ちの日々が続いてクサクサしていた。そんな中でのある日買い物帰りにふと、久しぶりに家から近くのブロカントを売っているお店にでも寄って気分転換するか、と思い立った。

edited_DSC_0029.jpg
古い大きな木製のドアの奥に続く、オウムや鳥もいる大きな中庭まである広い店内のスペースには、家具や時計、シャンデリア、絵や食器など、あらゆるものが所狭しと置かれている。品物自体は一部の高級アンティークやブロカントを除き、稀~に好みの掘り出し物を見つける程度で、ニースにあるエマウスやブロカント市の方が規模も大きく家具を含めて断然良い品が置いてあり値段もお得なので本気モードの時はそちらへ行くのだが、それでも古いものを見るのは楽しくて家から近いこのお店へは時々足を運ぶ。

edited_DSC_0028.jpg
いつもはお客もほとんどおらず、やってるんだかやってないんだかわからないような薄暗くかび臭いお店の中で、無口なおじいさんが一人黙々と修理作業をしているような感じだが、その日はNYから来たというアメリカ人観光客らがワイワイ大きな声で話しながら買い物をしており、さらにいつもは見かけない店主のおじいさんの娘夫婦もいて、いつもより忙しそうだった。

私は早速この日のお目当てだった食器類が置いてある部屋に行ってみたが、電気がついておらず真っ暗。そのため別の部屋にいた娘婿夫婦に声をかけあちらに見たいものがあると伝えると、アメリカ人旅行客の一人の会計を終わらせてから行くから待っているよういわれたので、了解して部屋に向かった。

その途中、この地域では珍しい日系と思われるアジア系の男性がいてふと目が合ったのだが、日に焼けて非常に旅慣れた雰囲気は日本からの観光客とは思えず、日系三世くらいのアメリカ人か欧州他地域の日系永住組の方と思い、フランス語で軽く挨拶をしてその場を離れ、元の食器の部屋に向かった。

そして少しした後、この日の収穫である手書きの花の小鉢と、天使が彫刻されたチーズナイフを手に会計に行く途中で、先ほどの男性とまたすれ違い「日本人の方ですか?」と声をかけられた。

おお!日本語がちゃんと話せる日系の方だったのかと、人と打ち解けるのに時間がかかる私は少し緊張しながら「そうです」とお答えしてから、少しお話をさせていただくと、日本から毎年ご夫婦でスペインに長期滞在しており、今回は去年偶然立ち寄ったこのMentonに初めて一ヶ月の予定で滞在しているということだった。

実は私も月島さんも、どこか海外生活が性に合ってる部分があり、将来リタイア後は日本に拠点を持ちながら、査証的にギリギリの半年くらい海外で暮らせたらいいねぇと日頃から夢物語を話をしていたのだった。そんなわけだから、今回こうしてリタイア後に実際海外で数か月生活しているという方に出会い、★Σ(・ω・)ピキーンっと何かぐっときてしまったのだ。

その方はブログを書かれているということで、お名前とブログ名を教えていただき、その日はお別れした。その日の夜は、帰宅後に楽しみにしていたサッカー観戦に必死な月島さんに、とても興味深い出会いがあったこと、しかし永福がいかにロクに気の利いた会話ができなかったかという自己嫌悪を延々と話して聞かせ、嫌がられていた。

そして早速ブログを拝見させていただくと、まずMentonの町についても、美術史を勉強された方なのか精通されているようで、私たちが2年も暮らしていながら知らずにいて思わず反省してしまうような鋭い観察眼と好奇心で、とても詳細な情報まで地元の人に聞いたり、ご自身で調査されたり、書かれている内容がとにかく濃い!ためになる!見ている視点も何か素晴らしく、私のダラダラ防忘録とは訳が違う・・・( ゚Д゚)これはタダモノではないっ(笑)!

そしてもう一点、私のテンションが一気に上昇したのが、私たち夫婦が夢見るリタイア後の海外&日本半々生活を実現されているだけではなく、私個人がずっと憧れながらできていないことのひとつである「欧州の街並みを旅の合間にスケッチして絵に残す」までズバリ実践されていることを知ったとき。
オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

両親も叔父も美大卒という美術には縁のある環境に生まれ育ち、自身も絵やモノづくりが大好きで中学では部員数たった2人の美術部に入部。社会人になった後もやっぱり絵は好きで、下手ながらも絵画教室に通っていた。そんな中で、旅先の風景だとかをさらっとスケッチして絵に残すということに長年憧れながらも、全くそれが出来ずにいることも相まって、ブログでなんとも描き慣れた的確な線で、フランスの趣ある町を真摯に捉えて描く本当に素敵な絵を拝見した直後から永福のテンションはすっかりマックスに。

私はシャイ&人見知りでたいていの場合人と打ち解けるのに長い時間を要する反面、実はこうと決めたことや興味を持ったことに対してはかなり猪突猛進で行動的な部分も持ち合わせている。

そのため、ブログを拝見してからというもの、ぜひともこのご夫婦に旅とスペインでの生活の話と、絵の話も伺いたい!!という思いが人見知りを蹴負かしキーーーック!!o(゚ロ゚┌--------θ☆ノ゚ロ゚)ノ、結果圧勝。

私に邪魔されまくりながらもサッカー観戦をなんとか終えた可哀そうな月島さんに、「いきなり見ず知らずの人間からごはん招待されてもかなりびっくりかもしれないし、実際会ってみないとまだどんな方々かわからないけど、夕食にわが家にご招待してみたいと思うんだけど、どうかな?」とさらに邪魔して相談すると、良いんじゃない?お誘いしてみれば、と。

そういうわけで、かなり思い切ってお誘いしてみると、ありがたくオッケーのお返事をいただき、めでたくわが家にご招待することになったのだった( *´艸`)

自分で誘っておきながらも、思いがけない展開にちょっと緊張&不安の入り混じった気持ちにもなりつつ、わくわくしていた永福であった。

ここまで長くなってしまったので、ディナーのお話はまた次回へつづく。

以下は毎週月曜ニースで開かれる骨董品市。
edited_P1400637.jpg

edited_P1400638.jpg

edited_P1400640.jpg

edited_P1400641.jpg
こちら先日ゲットした戦利品。

edited_P1400645.jpg
リモージュの古いお皿。御取り皿としても使いやすい小さなお皿とボールの9枚セットで40€とかなり安くしてくれた♪


関連記事

2 Comments

Yoshi  

光栄の極みです

マントンから昨日無事に帰国しました。
さすがに疲れていたのか、12時間爆睡して本日昼過ぎにスッキリと目覚めました。
爆睡のお陰か不思議と疲れは感じませんが、これに安心してはいけないんです。
お二人はまだお若いからお判りにならないと思いますが、実は歳を取ってくると「時差ボケ」に時差が出てくるんです。つまり、帰国後数日経った後で昼間に眠い、夜眠れない、という時差ボケ症状が出てくるんです。
さて、我々の旅の最終局面で友人が訪ねてきたりして、慌ただしく帰国に至ったため、今日ようやく落ち着いて貴ブログを訪問させていただきました。
この記事はヒョッとして私との出会いのことかな?と思って拝読しましたが、物凄く持ち上げていただいて、私の事では無いみたいなコソバユイ感じがしました。永福さんの言葉を借りると、プラセボエフェクトが効きすぎているのではないかと…。
それにしても、あなたのブログ記事は長文で、当時のご自身の心の状態やブロカントへ出かけた経緯、店の様子、我々をご招待をいただくまでのお二人のやり取り、などが精緻に綴られていて、小説を読むような読み応えがあります。ご自身が謙遜されておられるようなダラダラ防忘録なんかじゃなく、立派な文学作品というに相応しいと思います。
今後も楽しみにフォローさせていただきます。

2017/10/04 (Wed) 00:33 | EDIT | REPLY |   

永福  

こちらもUKから戻りました

コメントありがとうございます(*^^*)そして長旅お疲れ様でした。
12時間爆睡・・・!私は長く眠ることが出来ないので、
一度12時間くらい寝てみたいな~気持ちよさそうです。
Yoshiさんご夫婦のご帰国直前にご友人がいらしたり、
最後までかなりの充実した日々でしたものね~

時差ボケ症状に時差ボケが!(笑)びっくりですが、
筋肉痛も歳を重ねるにつれ症状が遅れて出てくるような感じかしらと。
ご帰国から1週間ほど経過しましたが、
落ち着いた頃かもしや今時差ボケ症状と戦っている最中でしょうか(笑)。

お知らせするのはすべての記事をUPしてからにしようかと思っていたのですが、
(まだつづきを書けてません(;^ω^))
見つけてくださってありがとうございます。
プラセボエフェクトは通常、砂糖の錠剤を知らずに偽薬として与えられた人が、
薬剤の効能を自覚症状として感じることを言うので、この場合は???
いずれにせよ、Yoshiさんとの出会いは本当に私にとって特別な出会いでした。

と、と、と、とんでもないですヒィ~!!∑(=Д=ノ)褒め殺し状態です(笑)、ご勘弁を。
私のブログは日本語表現も高1までの怪しい記憶で
とにかく稚拙で語彙が乏しいことから文章が必要以上に長くなりがちで、
空き時間を見つけてはだだだだーっと書いてるので誤字脱字も多いですし…。
Yoshiさんのブログを拝見していると、
ほほぅこういう時はこういう風に言うのか、と勉強になっております。

というわけでこんなブログですが、
また遊びに来ていただけたら幸いです。
私も今後もYoshiさんのブログ引き続き楽しく拝読させていただきます!


> マントンから昨日無事に帰国しました。
> さすがに疲れていたのか、12時間爆睡して本日昼過ぎにスッキリと目覚めました。
> 爆睡のお陰か不思議と疲れは感じませんが、これに安心してはいけないんです。
> お二人はまだお若いからお判りにならないと思いますが、実は歳を取ってくると「時差ボケ」に時差が出てくるんです。つまり、帰国後数日経った後で昼間に眠い、夜眠れない、という時差ボケ症状が出てくるんです。
> さて、我々の旅の最終局面で友人が訪ねてきたりして、慌ただしく帰国に至ったため、今日ようやく落ち着いて貴ブログを訪問させていただきました。
> この記事はヒョッとして私との出会いのことかな?と思って拝読しましたが、物凄く持ち上げていただいて、私の事では無いみたいなコソバユイ感じがしました。永福さんの言葉を借りると、プラセボエフェクトが効きすぎているのではないかと…。
> それにしても、あなたのブログ記事は長文で、当時のご自身の心の状態やブロカントへ出かけた経緯、店の様子、我々をご招待をいただくまでのお二人のやり取り、などが精緻に綴られていて、小説を読むような読み応えがあります。ご自身が謙遜されておられるようなダラダラ防忘録なんかじゃなく、立派な文学作品というに相応しいと思います。
> 今後も楽しみにフォローさせていただきます。

2017/10/12 (Thu) 17:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment