FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

何故か住む先々で騒音に悩まされる不思議

文字通りの内容ですw
このブログはブログタイトルにもあるように「ありのまま」
私の気持ちの整理の場と吐き出す場でもあるので
だらだら今のもやもやを今日は自分用に書く!!
けどくだらないのでスルーしてください。

DSC_0020.jpg
(※写真は少し前に行った本家ハリーポッターミュージアム@イギリスです)

まず、私永福はなぜか住む先々で騒音問題に悩まさせるという
迷惑なパターン?があることから。
(これと同じく、どんなに混んだ駐車場でもベストロケーションの
奇跡の駐車スポットが必ず空くというパターンもあります)

アメリカの学生時代にルームメートと暮らしていた時は
安い地域の安めのアパートだったせいもあり、
割と頻繁に爆音で重低音を響かせながら大騒ぎの
パリピが多く、騒音に悩まされました。

ある日、一度階下のにーちゃんたちのあまりのうるささに
フロアをハンマーで殴ったところ、自分たちの騒音は棚に上げ
私たちの部屋に駆けあがってきて、ドアをぶち破る勢いで
叩きまくられ居留守を使ったという経験が。

そのあと一人で住んだアパートは社会人で
そこそこ良い東海岸のアパートでしたが、
隣の夫婦の喧嘩がまー激しい。
今でも記憶にありますが、とある年のThanksgivingにまたバトル勃発。

このお宅は奥さまのFワードが特に際立つ感じで、旦那さん劣勢。
どうやら感謝祭の休暇中、旦那さんは出張で不在になる間、
奥さま一人のこのアパートに旦那さんの弟さんを滞在させる約束を
奥さまに相談なく勝手に取り付けてしまっていてらしく、
それが奥さまの逆鱗に触れたようです。
ええ、これくらい内容がしっかりと聞き取れるほどのバトルでした。
延々と奥さまのFワードが朝から。

静かにしてーーー。休日の朝からやめてーーー。

まあアメリカ人女性も結構口達者な人が多いですからね~。

そのほかにも、騒音ではなかったけど幽霊騒ぎがあったところが二件、
真夜中に階下の部屋にヤバい人が侵入したのが一件、
そして真夜中に私の部屋のパティオに人が入りドアの前に居座られたのが一件・・・。

アメリカからの帰国後に私がシングル時代日本で暮らしていたマンションは
ある日突然どこからともなく振動音が開始し、ランダムに昼間、明け方、真夜中、
突然すごい振動が発生し、時には窓ガラスが共鳴しびりびりと音を立てる程にまで発展。
しかも振動音って耳栓をしてもまったく意味なしで、
発狂するかと思い転居をすることに。

そしてここから少し本題に近くなってくる、
結婚後についこの前まで住んでいたフランスのアパート。
地域でもかなり古い方に入る築100年以上軽く経っていたアパートは
石造りで防音や断熱など皆無。
ハードウッドフロアの階上の音が筒抜けでただでさえ100平米ほどの部屋に
二世帯が同居しており子どももティーンエージャー含めた大勢いるのに、
そのティーンエージャーと誰か家族のメンバーが
家の中でバスケかボール遊びと激しいダンスをするという状況。

しかも夜の22時からスタートです・・・。

やめて・・・頼むから。もう寝るから。

そして彼らがやるのが私たちの寝室の真上。
何度か言いに行きましたが、そのたびに居留守をつかわれ、
結局退去まで変わらず私の不眠症は当然悪化。

それで、フランス帰国後二度目の引っ越しで暮らし始めた今の住まいは
いわゆるテラスハウスのようなマンションなんですが、
住んでみたら住友林業の建てた(これ自体はとても良いハウスメーカー)
新築木造テラスハウスだったんです。

これまでの住まいはずっと鉄筋コンクリートで、
隣に人住んでる?というレベルの静けさでしたが、
まあ今回のところは木造ということもあり驚くほど音が筒抜け"(-""-)"
隣りの人のくしゃみやらも壁近くにいると聞こえるレベル。

そんな中、隣り合った二軒の家のうちの一軒が、
朝から晩まで23時過ぎまで、4歳くらいの女の子なんですが
もう休日も早朝8時になるかならないくらいから夜23時過ぎまで
文字通り延々・・・と飛び跳ね、飛び降り、ジャンプ、駆けっこ、
女の子?と思うほどのすさまじい運動量で大騒ぎ。

永福はアメリカでよく3歳くらいの子から小学生までベビーシッターをしたり、
小さな子持ちの友人も多くてお出かけしたりもするし、
永福妹も11歳離れていることもあってよく子どもの生態は
分かっているつもりですが、この子の運動量はなかなかのもの。

(-Д-#)

そして近所の徒歩2分のところにおおきな公園複数存在、
遊歩道もたっぷりある非常に恵まれたロケーションなんですが、
全然遊びに連れ出してもらっておらず、延々におうちの中のみ。
これは正直、永福自身が山や野でよく遊んでいたこともあり
可哀そうだな・・・という気持ちも。

なので子どもに全くは罪はないのですが
そんな状況もあるのかエネルギーが有り余っているらしくて
家の中で「縄跳び」、ベランダで週末早朝ボール遊びとかもうやりたい放題。

(#^ω^)ビキビキ

縄跳びもボール遊びも外遊びじゃっ!!

壁薄くてお隣さんもいるから夜は静かにしようね~、とか、
マット敷くとか、たまにゃ外で運動させるとか、連れ出すとか、
そういうのも、一切なし。

UZEEEEEEEEEEEEEEEEヾ(゚Д゚)ノ゛EEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!

23時とかにも、父親とその子の、よーいドンっ!!ぎゃははははははぁ!!とかいう
駆けっこしまくりの振動と掛け声まで聞こえたりして・・・。

(ノ・∀・)ノ =====┻━┻))゚Д゚)・∵.

私も一日在宅時などは、言ってみれば
延々と和太鼓が家で流れている状態?
みたいな振動騒音がひどくて完全に神経が参ってしまい
私の持病も悪化、心臓も心電図に異常が出始め、
甲状腺も動悸がストレスで悪化してしまいました。

こういう時、わが家の月島さんは本当に腰が重くて
まあ妻を思って動くってことがない人なんですよ!!"(-""-)"
とか「大丈夫?」とかいう慰めの言葉がない人。

スタンスとしては、「自分は全然騒音とか大丈夫だから
なんでそんなにストレスに感じるのかわからない。
分からないからそういう時の人への対応もよくわからない。」
「問題解決の方法がなければ、話しても意味がない」
共感度が異様に低い典型的な男性脳の持ち主なんですよ。
話すのは解決方法という目的のためだけではない!!

私も彼を見ていて必ずしも共感できないこともあるし
自分だったらこうするだろうになぁーと思うこともありますが、
それでも彼が何か大変そうだったり苦しんでいたなら
何か出来ることはないか!と考えてやろうとするし、
せめて話は聞いたり、相手のニーズをくみ取ろうとします。

が、それがない!あまりにもなさすぎる!

なので、結局隣人の騒音問題で耐えられず私が文句や不満を言ったり
相談をすると、「これ以上の解決策もないから言っても仕方がない」
という求めてもいない「解決策」だけを目的としているので、
その目的が達成できない以上この話をするのは無駄、無意味、と一掃。

自分は90℃まで傾くような常時揺れて人もわさわさしてるような
船に乗って北極で生活してたような人だから気にならないんでしょうけど、
隣で自分の妻が苦しんで持病も悪化してても
ちょっと協力もしようと思わんのか!とかなりイラっと来るんですよ。

しかも、彼はIQという意味で頭は良いので、
やろうと思えば相手をやり込むこととか
本当に割と簡単に出来るのに、こういう問題発生時に
少しはそれを発揮しようって気にはならんのか。

フランスも私が自分で言いに行き自分で殆ど対応しました。
今の隣人のクレームは、私がガミガミ言ったら
月島さんもやっと重い腰を動かして
私と一緒に不動産担当者に話をしてくれました。

でも結局、不動産の担当者も
「23時過ぎても何時でも、基本的に子どもなら
何をしても許されるべき」という考えの人で

Σ(゚д゚lll)まぢか!?

はなから隣人側の味方で対応がひどかったのです。

その時はさすがに夫もやっと高いIQを使ってくれて
(宝の持ち腐れじゃ)
責任の所在は明確にしてくれたのですが、
騒音問題って日本じゃ警察呼べないし、
結局被害者が泣き寝入りの世界なので
隣人はそのまま逆ギレで今も延々と好き放題やっています(T_T)

ので、私は在宅時は1Fにはほぼいれなくて、
2Fの一室で一日過ごしている状態です(-_-;)

とはいえ・・・
夫は私が病気がちな私が
フルタイムの仕事も出来ない状態でいても
自分は午前様のような激務をこなして私を家で休ませてくれているし、
時間があるときは家事や力仕事は結構手伝ってくれてるし、
私の不得意な分野での計算や交渉はやってくれている。

っていうところで、感謝ですね。


結局結婚はお互いに忍耐であり、
私もまた彼のニーズに気づく余裕のないことも多いから
案外どっこいどっこいなところもあるのかもしれない。

・・・・などと想いながらも日々バトルしている私です。

支離滅裂にだらだら書きましたが、
とにかく最近色々忙しすぎて(←充実しすぎて、という言霊に修正)
つり積もっていて吐き出さずにはいられない感じなので書いてみました。

とりあえず、タフな時こそチャレンジ・テストと捉えて
嫌な気持ちやネガティブな感情に引きずり込まれることなく
踏みとどまって感謝と良いことを思い出さねば。

私の尊敬する師匠が、言った言葉をひとつ。
「結婚は修行なんです。
指輪の交換はつるはしの交換なんです。
そこからは労働の始まり
今日こそ離婚してやれ離婚してやれってって思うと
金の砂金が出てくる。
気がつくと金の固まりになってそれが金婚式になる。」

関連記事

0 Comments

Leave a comment