FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

ハウスメーカーの選択

少し前からいつもにもまして慌ただしくしている私たちですが、
その理由のひとつが、実は月島永福家は今、家づくりをしているからであります。

我々は結婚も年齢的に遅めでスタートが遅かったこともあり、
本来なら結婚後すぐにでも家を買いたいところでしたが
月島さんの海外赴任が決まり、やむを得ずペンディング状態でした。

そんなわけで、帰国後二度目の引っ越しを終えてすぐに
土地探しとハウスメーカー巡りを開始。

s-PB100058.jpg
(※三井ホームのモデルハウスで見た好みのクロス)

私たちの希望としてはまずは月島さんの職場への通勤の負担が軽いこと。
距離的なものだけではなく、沿線の込み具合も可能な限り楽に。
そして老後出来るだけ住み替え無しに住めるよう
駅から徒歩10分以内で平坦な土地、治安が良く
近くに大き目の病院があることでした。

色々と見た中で、へーベルハウスはデザインが好きになれず却下。
積水ハウスは値段の割にその性能に疑問を感じて却下(その後手抜き工事発覚)。
住友林業は今住んでいる家が住友林業が建てた家だけど
音が筒抜けで気密性や性能で?というところがあり却下。

最終的に、昭和基地建設を長年やっており
ユニークな蔵に惚れ込んだミサワホームと、
標準仕様がとても充実していて値段設定も明確な
一条工務店が候補に残りました。

一条工務店は担当してくださったベテランおじいちゃん営業Mさんが素晴らしく、
(管轄エリアではアウトドア大好きで日に焼けたチャーミングなスマイルと
その愛されキャラと出来る仕事ぶりでちょっとした有名営業さんだった)

標準仕様の全フロア床暖房、キッチンの御影石、クローゼット内桐ダンス、エコキュート等、
一条工務店はかなりコスパが良く、気密性の高さが故のホームシアターも気に入り、
二人ともかなり一条工務店に傾いていて、宿泊棟のお試しお泊りをしたりもしていました。

が、一条の最大の欠点はその不動産力のなさ(T_T)
いざ土地を探し始めても紹介された不動産業者は
個人事業主まで含む極端に小規模な中小企業のみ・・・
そして規模が小さいせいもあるのか、土地値段の交渉力も全然ない。。。
一条工務店はすごく良いのに・・・残念すぎる。

私の独断と偏見の一条工務店の印象↓

<一条工務店>
強み
・標準仕様の充実(お風呂から廊下まで全フロア床暖房、御影石キッチンカウンター、
クローゼットの自由設計、クローゼット内桐ダンス、エコキュート、外壁の光触媒フィニッシュ、等)
・営業さんのカラーが割と誠実そう
・価格の明確さ(値引きがない代わりにキャンペーンがある、というシステム。
無駄な駆け引きや交渉、顧客間での値引き差がないのが楽)
・クローゼット等付けても値段は変わらない坪単価
・太陽光パネルも自社製品なので、多くのHM太陽光が現在韓国製で
将来的な持続性が疑問視される中、安心感がある
・木造建築では建築数が業界トップ

弱み
・不動産力が致命的といってよいほどない
・所有している土地はたいてい駅から遠かったりイマイチ
・自社工場はフィリピンにあるので品質管理問題が指摘されている
・木造建築に使用する木が現地熱帯雨林のものなので品質面で疑問
・まだ年数が浅めなので長期データが足りない
・施工プロトコルによるキッチンカウンター内カビ発生等の問題

<ミサワホーム>
強み
・パネル工法の第一人者?として独自のユニークな技術研究を重ねてきた実績
・昭和基地の建築を担当する技術力
・なんといっても売りは蔵!これは他社では出来るところがありません
・トヨタの傘下に入ったので保証は安心?
弱み
・蔵以外はこれといって特徴がない
・デザインもプレーン

月島さんは毎晩土地チェックを続け、
一条工務店とミサワホームとも良さそうな土地があれば
週末に見に行く生活をつづけましたが、難航していました。

そんな中、新たに見つけた町で見つけた土地を
管理していたのが三井ホームでした。

永福両親が実家を建てる時にお世話になったのは三井ホームでしたが、
当初の月島さんと私は三井ホームは全く選択肢に入っていませんでした・・・
今現在の三井ホームは、坪単価は業界でも2、3の高さ(-_-;)
富裕層をターゲットにした洋館づくりの殿様商売というイメージが強く
庶民派でコスパ重視な私たちは魅力を感じませんでした。

が、結果的にギリギリまで最後のあがきとばかりに滑り込みで
一条とミサワでも他の土地も見て回りましたが、
どの土地もなんだかんだ問題点があり・・・

対して三井ホームの土地は私たちの求める条件すべてを満たしており、
まさにとんとん拍子でこれまでの停滞がウソのように話が進み、
あっという間に契約に至り本日に至ります。

今やっと毎週末紆余曲折あった打ち合わせも終わりに近づき、
今月半ばに地鎮祭、そのあといよいよ着工です!!

そんなプレ・三井ホームオーナーの三井ホームの印象は:

<三井ホーム>
強み
☆成功報酬制の建築士システムを採用しているので、優秀な建築士さんが多い(我が家も素晴らしい方でした!)
多くのHMがしている営業担当が間取り提案等を兼用しているスタイルではないのが最大の強みです。
・国土交通省に毎年任意にて地震被災地全戸の被害状況を調べ報告しているのは三井ホームだけ
・屋根遮断法により三階屋根裏部屋も夏場でも暑くならない(積水ハウスはこの点で劣り、
モデルハウスに行くと歴然とした違いを実感できる)
・カナダ政府承認の指定森林で栽培・伐採された密度の高い木材のみ使用
・購入後のアフターケアの手厚さや保証がしっかりしている
・お金があれば何でもできる(デザインも何でもあり)
・標準のキッチン、クロス、ドア等のデザイン性の高さ(機能性は別)
・上場をやめ三井不動産の傘下に入ったが故の強みと将来の生き残り
・地震災害時に実績のある強さ

弱み
・富裕層ターゲットのハイエンド商売なのでいろいろいちいち高い&殿様商売
・保証をしっかりするということは、同時に保証をするために規定も強いということで
例えば施主支給品や輸入製品への規定が多く自由が利かない面も
・標準仕様がイマイチ(クローゼット、パントリー、土間収納etc)
・建付け家具はすぐにフルオーダー扱いになり(昔のような大工仕事は無い)劇高くなる
・庶民にとっては、オプションや自由度が低め
・三井ホームの建築条件付き土地だと特に営業力低い傾向あり


関連記事

0 Comments

Leave a comment