FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

Travel Essentials旅行グッズ色々

慢性的な症状があると、
旅行先、特に海外旅行で環境、食材や文化も違う場所へ行く時は
ちょっと工夫が必要になってきます。

そんなわけで、私が旅行をする際によく持っていく定番グッズを紹介したいと思います。

edited1_trimmedPC260257.jpg
細かなグッズは以下にご紹介しますが、この写真内で言えば、
ティッシュ箱はホテルのティッシュって品質悪かったり量が少なすぎたりするので
アレルギー持ちとしては毎回もうひと箱持って行っちゃうか現地調達。
あと、スリッパも持参。靴で過ごすのが嫌なので。月島さんはビーサン派です。
ドーナツ柄の物体は、買い物とかお土産用のスペアバッグです。
その下の四角いのは着圧ソックス。
旅行中はよく歩くので、ホテルに戻ったらこの着圧ソックスを着けて
リラックス♪足の疲れがかなり取れます~

numbered_PC260259.jpg
1. フットレスト(テーブルにひっかけて使うタイプ):
使い始めてから足の疲れが全然違い今ではmustアイテムになってて、おすすめ。
小さくたためて丸めて付属のカバーに入れると筆箱くらいの大きさになり、
軽量なので持ち運びも負担にならないってことで、この商品にしました。
足が乗る部分はプラスチックが入っているので足にまとわりつくようなこともなく、
足をしっかり乗せれます。
最近色々なデザインのが出てるので、自分に合ったのを見つけてみると良いかも♪
2. アップルサイダービネガー(フィルターしてないリンゴ酢):
腸内の悪玉菌繁殖を抑制し、善玉菌が増殖しやすい環境を作るのと、
体内をアルカリ性に保ってくれるので風邪の引きかけとかは
常温水にアップルサイダービネガーと梅干しでかなり改善します。


PC260260.jpg
1. アシドフィルス:
カンジダアルビカン、イースト、酵母の増殖を抑えてくれる善玉菌。
ヤクルトやビオフェルミンにも入ってますが、
これは純粋なアシドフィルスのみを摂取できるので重宝してます。
旅行先の外食で腸がイマイチだな~とか、膀胱炎になりかけた時は
これとクランベリーエキスでほぼ対応しています。必需品。
2. 固形石鹸シャンプー:
フランスから愛用している固形石鹸のシャンプー。
クレイが入っていて、天然素材のみだけど泡立ちもすごく良くて
洗いあがりもさらっとしっとり。旅行の携帯でこぼれる心配もなく、大活躍。
3. 携帯用サプリ箱:
イギリスの可愛いお菓子屋さんのキャンディーが入っていた缶にサプリを入れて持ち歩いています。
4. クラリチン:
外食が続く旅行中は、どんなものでアレルギーが出るか
分からないので抗ヒスタミン剤は必須。
5. ベルセレージュの化粧品:
数年前知人からの照会で使い始めたベルセレージュの
モイスチャークリームとローション。
かなり敏感肌なのでなかなか合う化粧品がないのですが、
ここのは全くトラブルフリーでずっとリピしてます。
ファンデもマスカラもカバー力があるのにつけ心地も良くて、
しかも長時間つけてても一日の終わりにぽつぽつが出来たりかゆくなったり一切しない。
私の肌には合ってるみたいです。
マスカラやアイブロウペンシルはイカ墨で出来てたり
自然素材だけ使用してるそうで、品質面でも安全です。
6. つまようじ歯ブラシと歯磨き粉(中見えてないけど・(笑)):
私は少し前からこの↓つまようじ歯ブラシを愛用中です。

ホルモンバランスの乱れや年齢的なせいもあり、
急激に歯茎のトラブルが増えて、歯茎が痛だるかったり、
表面が荒れたりすることが結構増えていました。
塩うがい等々も試したけれど、このつまようじ法はとても効きました。
歯間ブラシやフロスとは違い、普通の歯ブラシでは入らない場所にも
ブラシがぐいぐい入っていく感覚があり、磨いた後にすっきりします。
軽い歯槽膿漏らしい炎症で、歯茎に鈍痛があったり、触れると痛いような時にも、
これで多少痛くてもぐいぐい磨くと数日は血が混じりますが、
歯磨き後明らかに痛みと症状が軽減するなど、効果を感じます。

numbered_PC260263.jpg
1. 1week用サプリ入れ:
朝昼晩寝る前の1週間分サプリが入れられるケースなんですが、
このピルケースって結構見かけるものですが、
実は案外一つ一つのケースが小さすぎて
一度に飲むサプリが多いうえにアメリカのでかいサプリも多い
私なんかは結局全然大きさが足りずにこれまで何回買って失敗したのかな
・・・っていう感じなんですが、
このケースは一回分のケースが調度良い大きさで出来ているので
かなり収納できるところが優れモノ!
edited1_IMG-4296.jpg
アメリカのサプリのタブレットサイズもこれだけ入ります。
案外ここまで入って使いやすいケースってないと思いませんか?
edited1_IMG-4297.jpg
さらに蓋も開け閉めしやすいっていうのもおすすめポイント。
日常使いも旅行時もすごく便利です。
edited1_IMG-4295.jpg
これで一度に1wk分持ち運べるし、毎日1日分を取り出して持ってればOK♪

ご興味ある方はこちら。

2. Wemoonとシルクのパンティライナー:
防水性のある布で出来たオーストラリア製のパンティーライナーです。
洗って使えるしかさばらなくてむれることもなく、肌にも優しくて言うことなし。これもリピ。
あとはノーブランドで買ったシルクのパンティーライナー。こちらも付け心地良くておススメです。


1. DHCクランベリーエキス&ビタミンC:
海外ブランド含めて色々試しましたが今のところDHCのクランベリーが一番優秀。
食事の逸脱やアジア系食材で多用されている酵母で
カンジダ菌が増殖した時に必ずぶり返すのが膀胱炎。
あれ?って思ったらすぐにこのクランベリーエキスを飲みます。
一日摂取量は5粒とありますが、私は基本的にクランベリーはジュースを飲む感覚で
5粒ずつ30分くらい感覚で症状が改善するまでたっぷりのお白湯と共に飲みます。
これはアメリカの泌尿器科の医者にも以前言われたやり方で、
クランベリーエキスかクランベリー無糖ジュース(めちゃ酸っぱいですけどね)を
たっぷりの水と共に飲み、尿管をきれいにする!
ちなみにクランベリーのパウダー状のは私は効いたことがありません。
生エキス(ジェルタブレットとか)が効く気がします。
私の場合はかなり即効性があります。

☆永福流!膀胱炎の治し方☆
・腰と背中、下半身をとにかく温める(ホッカイロ、湯たんぽ、おこた、電気毛布などなど)
・クランベリーエキスをたっぷりの常温かお白湯と共に飲む
・アップルサイダービネガーと梅干しを混ぜたお水も合間に飲む
・アシドフィルスとケフィアを摂取して糖質を完全に摂取停止


これで、以前は何年間も寝不足、生理前、体力低下時は必ずといってよいほど
くりかえしていた膀胱炎の症状は今では再発ありません。
違和感を感じたらすぐにこの上記のやり方を繰り返すと、
尿が白濁している&違和感くらいなら大抵治ってます。
血尿とかすごい痛みの方はやめてくださいね~!すぐ病院へ。

numbered_PC260265.jpg

2. ケフィア種菌:
これもカンジダ・酵母・イースト増殖に効果あり。
一般的なヨーグルトに入っている菌とは違います。
ケフィアは酵母の一種なんですが、これは良い酵母。
なので、私の様に酵母アレルギーでもカンジダイースト増殖抑制に食べてます。
どこの国でも大抵牛乳は手に入り、種さえあればいつでもケフィアが出来ます。
ホテルで冷蔵庫がなくても、常温で出来る上に保存も2日くらいなら(真夏のエアコンなしとかは別)
もつので、よく旅先で作ってます。


3. 除菌ウェットティッシュ:
これは普通にみなさん旅行じゃなくても持ってるでしょう~。便利です。

4. 貼るタイプのホッカイロ:
腸と背中が冷えると不調になりやすい!というのが持論です。
なので、冬場は常にといってよいほど貼るタイプのホッカイロ持参。
これだけでもかなり体の温まり方が違います。

5. サーモスの軽量水筒:
旅の最中はとにかく外食で食事が逸脱しがちで
色々と症状も悪化しやすい中、飲み物選択も結構大事だったりします。
私はこの水筒にお湯と梅干し(無糖無添加ののみ!)を入れた梅湯や
アップルサイダービネガーを入れた常温水、ハーブティーを入れて持ち歩きます。
国にもよりますが、コンビニやお店では案外無糖無添加カフェインフリーの
飲み物ってミネラルウォーター以外は少ないです。

6. 本:
眠る前にスマホをやると寝つきが悪くなりがちですが、
寝る前に本を読むようにしてます。
飛行機の中も、映画か本!日ごろまとまって
映画鑑賞や読書する時間って案外ないものです。

numbered_PC260262.jpg
1. 4.は前と被ってますね、すみません。サプリ箱とクラリチン。
2. 自分で作ったフライト用の液体バック:
プラスチックバッグをなるべく減らしていきたいという意識から、ビニール地の袋で作りました。
中には、もしもの時のエピペン、鼻腔の炎症を抑え殺菌力も高いフランスの鼻用プロポリススプレー、
ホテルの部屋やベッドにシュッシュとするはっか油、
歯磨き粉、あと私は眠りが浅いので耳栓、サプリ、
ハンドクリームや目薬などが入ってます。
3. ムヒ:
アレルギー体質だとすぐなんやかんやかゆくなったりするので、
この液体ムヒは旅行時には持参していきます。
軟膏タイプよりも私はこっちのほうが効くので好き。

ここに写真はありませんがおススメグッズ:
・塩梅干し:言わずと知れた殺菌力、ちょっとしたお腹の不調は梅干しで大抵改善します。
ただし、無糖・無添加・純粋に塩漬けに限ります!
糖質が入ってるのは普段食べるのには良いですが、
体を殺菌したい時には体内を酸性に傾ける砂糖入り等では
強アルカリ性にしてくれる梅干し本来の効果が半減してしまいます。
・腰だけに当てて使える小さな電気毛布:
アレルギーや腸内環境悪化、膀胱炎、甲状腺機能低下による体温低下等々、
ホテルでこれを腰の下か周りに敷いたりまいたりして休むと
かなりいろいろな症状が改善します。私にとっては必需品。

関連記事

0 Comments

Leave a comment