FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

等身大からスタート

最近、夕方になって日が暮れると風が涼しくて、完全に秋だなと思う。
コロナ禍でなければ、これからは私の大好きな季節になってゆく。

ed_20200605_LivingRoomPic.jpg

来月のハローウィンから始まり、サンクスギビング、クリスマス、そしてお正月。
今年の年末は、毎年恒例の築地市場での買い出しとお寿司も無し、旅行や温泉も無しで、
月島さんと二人でひたすらゆっくりまったりのお正月になりそうだなぁ。

ここ数か月の私のメイン行事といえば、不整脈の治療だった(^-^;
不本意ながらも、治療専念のおかげで生活クオリティはかなり改善したので良しとする。

まず最初、ヘルベッサーを試したら、速攻有害事象が出てしまい、ストップ。
その後、近所のドクターでメインテートをもらったら、
それまで慢性的だった息苦しさと酸欠状態がかなり軽減して
るんるんだったのに、服用後二週間目を超えた夏の盛りに
ひどい発作を起こして、休薬。

その後、メインテートを半用量に減薬して継続しながら、
プロノンを追加して今のところ良い感じというのが現状。

薬なしでは不整脈発作が続き、普通の生活が出来なくなった切なさ&驚きの反面、
薬が切れると息苦しさと酸欠が復活することから、確かに効果があることを実感して、
効果があって使える薬が見つかったことの感謝の気持ちが相まっている。

まぁ、樹木希林さんも言っていたように、
だんだんと人生の終焉が見えてくる安心感というのも無いわけじゃない。

メインテートと出会う前の昨年度、一番体調が悪いのを実感していた頃、
自分的には比較的調子が良い日でも、1日3万回以上の不整脈が起きていたらしい。
今は調子の良い日は3千回ほどになり、かなり発作が収まっている。

ただ、この病気とは薬を飲みながらうまく付き合っていかなきゃいけない。
そんなわけで、最近では自宅で心臓がおかしいと感じたら
すぐに気楽に計測できるオムロン心電計を迷った末に買った。



これ、かなり良い精度で計測が出来、心電図の書き出しも出来るので、
循環器疾患ある人にはおススメ。

心電図は24hホルター検査であっても、細動をキャッチできないこともある。
けれども、これは携帯電話くらいのサイズ(厚みはもっとあるけど)で
持ち運びも出来るから、いつでもどこでも測れる。
記録もSDカードで50件まで出来て、PCへのダウンロードやプリントアウトも出来る。

実際、私のかかりつけ医も慈恵医大の医長をしていた人だけど、
かなりの精度なので、自分の患者にもおすすめして使ってると言っていた。
これは、迷ったけど買ってよかったなと思う。

話は少し変わるけど、私の尊敬する師が、心臓病を抱える人は
「自分らしく生きれてない人。自分の人生を生きれてない人に多い。」
って言っていたけど、自分自身に関していえば、
確かにそうだなあと最近、思ったりしていた。

これまでの人生、ていうか特にここしばらく、
自分の器以上のことをしようとして無理をしていたなと。

理解・納得・赦すことのできないこと、時にする必要のないことも、
理解したフリ、納得してるフリ、赦したフリをして、善人仮面をやっていた。
同時に、自分のそういう気持ちを不完全さや未熟さとして受け入れず、
強烈に否定批判するもう一人の自分が自分の中に強く存在していた。

この習慣が、免疫疾患と心臓を痛めつけることに少なからずなっていた気がする。

とりあえずまずは、等身大の未熟で不完全な自分を否定せず
素直に認めてあげなくちゃいかんな、と。
ありのままの自分をまず受け止める、ってすごくありきたりな発想なんだけど、
この年になってやっと、あーやれてなかったんだなぁと。

っていうか、アメリカで暮らしていた時は、皆結構ダメダメなところとかも
普通に出してて、笑いに変えたりしながら、それも良いよ、
みんなそんなもんだから、一緒にがんばっていこう、的な感じで
何の違和感も感じず、みんなおおらかにやってた気がするんだけど。

関連記事

0 Comments

Leave a comment