FC2ブログ

永福の日々是好日

米国から南仏コートダジュール、そして日本定住。日々思ったこと感じたことをありのままに。

痰湿と水毒体質

何となく気分が浮かない。まぁ理由は幾つかあるのは分かってる。


群ようこさんの、ゆるい生活という、漢方による闘病?エッセイを読んでいて、自分の症状と酷似しているなと。過去に新宿の漢方医の先生に言われたことを思い出す。


水毒か痰湿、そして瘀血、気虚が入り混じる体質。この体質は、水分排出が極限的にされないのが代謝異常を引き起こすとのこと。


群ようこさんも漢方で水分排出を正常化したら、それだけで何もせずに10キロ近くみるみる体重が落ちたとか。


ちなみに私は、1週間酵素ジュースと野菜ジュースのみのファスティングをしたけど、なんと1キロも動かず。


それどころか直後から太る始末。西洋医学のカロリー的には有り得ない低カロリー。そして酵素だから1週間程度のファスティングとしては栄養素も偏ってはいない。


この代謝の悪さは何だとガックリきていた時に、この群ようこさんのエッセイを読んで、元々むくみやすい体質の私には、ジュースを沢山飲むダイエットは、ただでさえ水分排出がされず循環しない体質の私には全く間違った方法だったなと。


にしても、1週間ファスティングやって、ここまで体重変化ナシというのは、ストイックにやってるからこそ、失望感も大きいダウンしょぼん汗


ここ数年結婚してから、ライフスタイルへの激変もあり、とにかく常に体調がすぐれず、調子が良いな、と思う日がとにかく少なくて、常に頭がスッキリせずボーッとして霧がかかったような感覚。それによって気持ちも当然スッキリしないことが多い。


こんなに体調のことばかりで悩まされたのは、人生初めてだ。San Diegoで暮らしていた時は勉強やその他大変なことも沢山あったけれど、体調は本当に良かった。


あと、周りの人たちがみんなどこまでも優しくて、お互い大変な時も、力づけて勇気づけてくれ、包み込んでくれて、あの時の仲間無しには当時の私は成り立たなかった。


今では皆それぞれ結婚したり、色々な所で活躍してるけど、あの当時には戻れないことを思うと、少しさみしい気持ちにもなる。

群ようこさんの本によると、年に何度かある土用の期間は身体を壊しやすく、それにより気持ちも気をつけたほうが良いとのこと。

カレンダーを見ると、ただいま土用真っ最中。5月初旬に土用明けとのこと。


そして以前漢方医に言われたが、生理前というのは元々湿の時期なので、この時期の水分摂取と食事には特に気をつけたほうが良いらしい。


ということで、土用明けまではstay lowでいきたいと思います…


あ~気分が浮かない(笑)。

関連記事

0 Comments

Leave a comment